この度は兵庫県よりご来店いただきました。

ロードスターで人気のオートエグゼ車高調キジマスペックの車高調整と1G締めの作業に四輪アライメント調整の作業をおこないます。

オートエグゼのこの車高調は通常のフルタップ式のようには調整ができません。

調整は足回りを一部脱着しての調整が必要になります。

今回は1G締めも同時作業にあり車高調整の車高の変更はダウン方向に変更を行う予定です。

兵庫県のお店で1Gで疑似で締めていると言われているそうです。

さて車高調整はブッシュをすべて緩めてライドハイトを図りそこから必要分調整をおこないます。

1G状態でブッシュを確認のため緩めてみるとかなりの勢いでブッシュが動きましたので1Gには全くなっていませんね。

と言うよりブッシュを緩めた状態でタイヤを取り付けライドハイトを図ると1cmも車高がダウンしています。

と言うことは通常で締めている方がまだマシだった可能性もあります。

なので当初の車高をダウンさせるより逆に車高を上げる形になりました。

車高を決めて1G締めの開始です・

1G締め作業

ロードスター1G締め

しっかり全箇所1G締めをおこないます。

ロードスターの中では一番ボールジョイントが多い車両になりますのでブッシュの数は一番少ないのではないでしょうか。

それでも相当の数はありますけどね。

締め直し後試乗です。

1G前はリアのロール感がフロントと結構違う感じがかなりありましたしギャップでの動きにぎこちなさがありましたが1G締めで解消されていると思います。

かなり動くようになりましたので柔らかさがあります。

四輪アライメントの調整

 

四輪アライメント

最後に四輪アライメントです。

今回は走りやすさもありますがこの車両は幌車では無いのでリアの車重が重たいそうです。

そうなるとリアの動きが気になるところとタイヤの摩耗が気になります。

今回は間をとったような仕様です。ショック・スプリング自体はこの車両用なので十分機能できるはずなので重たさを感じにくい感じでの仕上げです。

フロントはリアのバランスを取り調整です。

NCECはどちらかというと旋回性向上と言うよりは安定重視で調整をおこないます。皆さん大体こちらのセッティングの方が好まれる方が多いです。

 

1G締めと四輪アライメント後のインプレッション

ハンドリングは少しご来店時の数値と比べると侵入は重たさが出ていますが安定感はかなり出ていると思います。

今回はキャンバーとキャスターの兼ね合いを代えていますので動きの感じ方に違いが出てくるとは思います。

素直に回る仕様になっていると思いますのでワインディングでも楽しめると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃 車高調整フロント左右で6000円(税別) リア左右で3000円(税別) 1G締め 6000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)