持込車高調の取り付け

ブリッツZZRダンパー

ブリッツZZRダンパー車高調の取り付けです。

車高の高さは現状のHKSさんの車高調の高さと同じ位にセッティグをおこないました。

まずはフロントからの取り付けです。

フロントサスペンション

ブリッツの車高調はコンプリートなのでアッパーマウントまですべてついています。

スプリングの形状は直巻ではないですね。最近のブリッツの車高調はワゴン車は多いですね。

さてHKSの車高調をちょうど外したので並べて比べてみることにしました。

ブラケットの違い

ブラケットの構造が全く違いますね。

ブリッツの方はケースに分割して1枚のプレートが溶接されているのに対してHKSは1周鉄板がまかれて2重構造でブラケットが作られています。

HKSの方は純正のブラケットの構造ににています。

強度は圧倒的にHKSさんの方がありますね。

この構造の違いも走行には大きく影響がでてくる大事な部分なんです。

 

取り付け作業の続きですがこの車高調ABSのブラケットが純正のような形なのに純正の用には付きません。というかそのままではネジ穴すらあいません。

ABS固定

今回は少し加工をおこない取り付けをおこないました。

説明書を読んでみるとABSブラケットに関して不思議な文章が説明書に書いてありました。

 

ブリッツ文章

 

「純正同様の形状になっているのにはまらないようになっています。」この文章っておかしくないですか。

純正のようになっているなら純正のようにつくようにすればいいのに・・・制作ミスでつかないのでこういった文章になるんでしょうね。

リア車高調

リアの取り付けは問題はなく装着できました。

車高はほど全上げでHKSさんのときの車高の高さぐらいです。

さて試乗です。異音もないです。動きは柔らかめな感じの車高調です。ストロークも考えてショックをあわせていますので乗り心地もまずまずです。

この車高調はフロントのストラットボルトの取り付け部分が長穴になっていますので交換と同時に四輪アライメントが必要になります。

四輪アライメント

 

四輪アライメント

 

さて四輪アライメントです。

四輪アライメントはフロントのキャンバーとトーの調整をおこないます。

フロントのキャンバーは長穴加工がされている車高調なのである程度好みに調整ができます。

現状のホイールの出面なども考えてキャンバーを決めトーを調整し作業完了です。

調整後の試乗ですが調整前の数値はかなり悪かったので数値がきれいになるとかなり走りやすくなりました。

 

ローダウン

HKSさんの車高調からですと走りに対してはしっかり感に物足りなさはでてしまいます。

ゆったり感はありますので高速などは少し走り方を変える必要があるかもしれませんね。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)