今回リアのSTIラテラルリンク交換もありましたがボルト固着で今回は見送りで四輪アライメント調整のみをおこないます。

 

四輪アライメント調整は以前に他店様でキャンバーゲージなどを使ってアライメントをおこなっているそうです。
最近の車両の精度にゲージなどで対応できるているのか疑問があります。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

さて測定してみるとリアのキャンバーに関してはキャンバーボルトが装着されていて調整されているそうですがキャンバーの左右差は2度くらいあります。確かにキャンバーの調整ボルトは左右前回で寝かしてある取り付けがされていますが緩めてみるとキャンバーボルトのガタで片側はおこしてある状態でカムの位置は寝かしてありますので緩めればあと1度30分くらいは余分に寝かせればした。ラルグスのキャンバーボルトのようなガタの多い商品はこういったことになります。反対側は完全に寝かしてある状態なのでキャンバーはついています。
1G状態で片方は全開で寝かせて片側は起こしてで左右差が取れました。
お客様も出面を言っておられましたが調整後は似た感じになりました。

 

フロントはアッパーを左右そろえてキャンバー(ナックル側)で調整をおこない数値もきれいになりました。

 

今回は車両の都合上試乗は行っておりませんが後で確認をさせていただいたところかなり良くなったそうです。

あとはSTIの部品が取り付けれるとよかったのですが・・・
色々なやり方をご説明させていただき作業完了です。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 四輪アライメント調整10000円(税別)