異常な偏摩耗のため四輪アライメント

ゴルフ

モータース様よりご依頼をいただきました。

異常に偏摩耗がひどく半年もタイヤがもたないそうです。

ディーラーで点検もおこなったそうですが異常無しで帰ってきたそうです。

さて測定です。

数値はなんとびっくりする数値です。

フロントのトーは異常なトーアウトでキャンバーの左右差もありリアの左もトーとキャンバーの数値が異常な数値です。

異常ってどれくらいって言いますと3000キロでタイヤが中央から内側にかけてなくなる位の数値です。

調整ですがフロントはメンバーをずらしたりしキャンバーの数値の左右差をなくしトーを調整し数値はきれいになりました。

リアは右側の数値が調整カムでは調整しきれません。

困ったです。このままではタイヤのもちは10000キロレベルです。

左右差もでていますのでまっすぐも走らないと思います。

そこで業者様にご説明しロアアームを加工することにしました。

加工

長穴加工です。これはあくまで応急処置的な方法です。

やはり根本がわからないと解決にはならないです。

車両は事故もしてないしディーラー保証もあるのに保証も何も無いなんて可愛そうですね。

数値はきれいな状態になり試乗でも問題無く走れます。

原因がわかるといいですね。

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願い致します。

参考金額 長穴加工10000円(税別)※脱着での加工 四輪アライメント15000円(税別)