HKSハイパーマックスGの取り付け

HKS 

ショックとスプリングのセットになります。

~上質を追い求める人のために~
チューニングパーツの意義「性能>コスト」と車両の素性を生かす設計「純正形状」の融合。
これまでの純正形状アフター サスペンションの概念とは全く異なる「乗り心地」「スタイル」「安定感」全てにおいて「上質」を徹底追及したHKSの答えが、今ここに具現化しました。。
●力学に基づいた必然の「G」
純正(genuine)のサスペンション形状を踏襲すること。車高調整式サスペンションは任意に車高調整が可能であることがメリットですが、車高の調整幅やストローク量の確保が難しくなります。純正形状を踏襲することで、ストロークを大きくとることが出来るため、きめ細かなダンパーセッティングが可能となり、様々な路面シチュエーションにおいて上質な乗り味を実現できます。
また、スプリングにおいても純正形状を踏襲する事で、一般的な車高調で採用される直巻きスプリングと比較して、同じ車高設計であっても、バネ材の長さを確保できる事や、ストローク時の曲げ力をキャンセルできるため、スプリングとダンパー自体の性能を十分に発揮することができます。
つまり上質な乗り味と適度なローダウンを両立する際に純正形状であることは、力学に裏付けられた当然の形状なのです。

となっております。

取り付け後が楽しみです。

フロント取り付け  リア取り付け

説明書はしっかりよみ取り付け完了です。

角メーカーにより色々と指定がありますのでDIYの方はしっかり読みましょうね。

取り付け後は1Gでの締め直し

1G締め直し

この作業で乗り心地の変化がでます。

最近のメーカーは1Gでの締め直しも足回り交換の作業のいつとしていますのでしっかりやりましょうね。

また、1G締め直しをやらないお店も多いので皆さんしっかり確認して見てくださいね。

1G締め直しをDIYでおこなう方は当店のHPにもDIYでもできるやり方をお書きしましたのでご参考にしてください。

1Gって何ってかたはこちらを参照してくださいね。

リア車高  フロント車高

車高の高さは程よくおちています。

ダウンサス位のダウン量でだいたいフェンダーとタイヤのクリアランスが指2.5本ほどです。

ショックも専用設計なのでストロークも問題無いです。

この手のセットですとその他はKYBになりますがHKSの方がダウン量は多そうです。

試乗ですが四輪アライメントの狂いはありますが固さの無い感じの足回りです。

HKSさんの車高調をイメージしていましたので全く別物の設計だなと思います。

取り付け後の四輪アライメント

四輪アライメント

四輪アライメントは前後のトーとフロントのキャンバーの左右差を調整します。

リアキャンバーは2度付近にナチュラルについています。

その他は乗り心地にあった数値に調整をし四輪アライメント完了です。

完了後の試乗ですが純正よりも柔らかく感じるかもしれないくらですが乗りやすさはあると思います。

倒立式のショックの分強度が出る感じがあるのに柔らかい感じがして安定感があります。

あとは高速道路などのスピード域が速い時にどうなるかが気にはなりますが家族や乗車定員が多い方にはオススメのような気がします。

 

ヴェルファイア

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願い致します。

参考取り付け工賃 足回り交換16000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)