現在ACCのリフトアップスペーサーでリフトアップを行っているお車ですがロールがかなりすごく走りにくいそうで今回はACCの商品を外してタナベさんのUP210に変更していきます。

スプリングを強化することでロール感は下がりますね。
ストロークは不足しますがスプリングメーカーさんもいろいろ考えて作られていますので少ないながらにも良い感じのスプリングが増えていますね。

 

UP210交換作業

さて取り付けです。

まずは外してACCの商品を外してUP210に取り付けをしていきます。
ACCはスタビリンクも交換しますのでスタビリンクもノーマルに戻していきます。

アップ量は変わらなければショートスタビリンクにはなるのでつけておいてもよいかもしれませんね。

スプリングを変えてリアです。

リアはバネとロアアームの間にスペーサーが入ります。
これも外してタナベさんのUP210に変更をしていきます。

スプリングを交換したら1G締めの作業をしていきます。

 

1G締め作業

RAV4もリアはほとんどすべてブッシュの車両になります。
この作業でもだいぶ乗り心地や安定感に変化が出てくると思います。

 

車高の高さ

さて車高です。
車高はACCの時とほとんど同じです。

ノーマルの比べれば結構なアップですね。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

走行距離が8000キロで結構タイヤの減りが早い感じが数値を見てみると車高はさほど変わっていないのでどこまでの変化かと思いきや数値はかなりひどいです。
元々四輪アライメント調整は実施していないそうなので原因はここですね。タイヤも毛羽立っていましたので・・

まずはしっかり調整をしていきます。

フロントはキャンバーボルトなしでも0付近ほどになりますので今回はお持ち込みのキャンバーボルトがあまり良いものではないので使わずにおこないました。

リアのキャンバーも安定感を考えるには十分です。1G締めでネガになっていますのでよい数値だと思います。

トーの数値は現状の動きを考えて変更して調整をして数値は綺麗になりました。

 

UP210取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

タイヤの摩耗の感覚は若干わかりますがよい感じです。
ロール感も結構減り走りやすいのではないでしょうか。

数値的にはSUVメインの走行ですと少しふらつきはでるかもしれませんが街乗りの安定感重視でセッティングはしていますので街乗りは良いと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 タナベアップスプリング交換17600円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)