ヴェルファイアにタナベさんのDF210のダウンサスの取り付けです。

車高のダウン量が多いタナベさんのスプリングになります。

箱にバンプラバーのカット量が書いてあります。

 

ダウンサス取り付け作業

ダウンサス取り付け

ダウン量からしてフロントのカット量ですとバンプまでの距離はほぼない状態ですね。
フロントはロール感が出てしまう可能性がありますのでメーカー指定数値でのカットで行いました。

フロントはストラットなのでさほど大変ではないですね。

リアダウンサス

さてリアの取り付けです。

リアはマルチリンクのサスペンションです。

この場合スプリング交換をすれば作業完了って思いますが1G締め作業がありますので緩める箇所はかなり多いんですよ。
ブッシュを全箇所緩めて交換していきます。
さてダウン量からいうと現状バンプカット無しで指1本ほどのストロークになります。
リアはこのストローク量で純正ショックですと段差ではバンプタッチしてしまいます。
なのでDF210の場合はカットしておきます。この作業と1G締めでリアの突き上げと揺れはかなり軽減されます。

交換完了で1G締め作業です。

 

1G締め作業

1g

続いて1G締め作業です。

先程緩めたリアのマルチリンクのブッシュとフロントのロアアームブッシュの締め直しをおこないます。
ブッシュの締め直しを終えて試乗後四輪アライメント調整です。

車高の高さ

ノーマル車高

ローダウン車高

車高は車高調なみに車高が下がっています。
バンプラバーまでの距離は指2本ほどの隙間なのでカット無しよりはかなり良い状態で乗れると思います。
これでもバンプタッチが気になるのであればショック交換なども有効だと思います。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

ローダウン車高

リアのキャンバーは3度近いですね。
トーの数値を変化させて調整します。

フロントのキャンバーもある程度の調整はできます。
この車高のダウンサスでも問題ない数値に調整ができましたのでフロントに関しては問題無しですね。

調整完了で試乗です。

DF210ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

フロントに関してはバンプラバーまでの距離はかなり少ない感じだと思いますがもともと純正のバンプラバーはソフトタッチなので違和感はほとんどありません。
リアに関しても多少の段差では突き上げはないです。
もともと純正でもバンプタッチ跡がありましたので後ろに人を乗せている感じがありました。
ストロークは少しでも欲しいところですがバンプを切りすぎたりするとショックやブレーキホースなどの問題おでてきます。
乗り心地は純正とさほど変わらない感じで走行できていると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)