LA150Sにタナベの車高調の取り付けです。

フルタップではない車高調です。
メーカー推奨近くであればストロークも問題なくのれます。

L150 車高調

車高調取り付け作業

アッパーマウントなどは純正品をつかう車高調です。
タナベのショックのトキコ製の商品を純正のアッパーマウントに組付けする際ショックのロットを止めるための工具がかけられる仕様にはなっていません。純正と同じ形状のものになります。
アッパーマウントの締め付けはインパクトレンチ不可になっていて確かに入っているナットはロック無しですが最終的にトルクはどうかけるかになってきます。当店はインパクトレンチの締める力をエアー圧に応じて決めていますのでその力で締めます。

車高の高さはメーカー推奨より1cm上げでのセッティングでおこないます。
現状がRS-Rのハーフダウンになりますので正確に純正の車高からのダウン量は不明です。

リアはトーションビームになりますのでいたって気になることはないのですがタナベさんのアジャスターはボディ固定して取り付けをしますがそのまま回せるかは不明です。
リアはあと1cmのアップが可能です。

交換後は1G締めをおこない作業完了です。

 

車高の高さ

RS-Rのハーフダウンに比べるとリアは2cm余分に下がっています。
フロントは5mmダウンです。
この状態でもまだ結構な前下がりになっていますがタナベんもセッティングを同じ状態なはずなので今回はこのままのセッティングでいきます。あまり前が高くてもスタイリッシュではなくなってしまいます。

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

四輪アライメント調整はフロントのキャンバーとトーの調整です。

キャンバーに対しては左右差を合わせて調整してちょうど街乗りではタイヤの変摩耗も出ないくらいの数値ではないでしょうか?
トーの数値を調整して作業完了です。

ムーブ車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

乗り心地は少し硬めの感じですね。ショックが効いている感じなのでバンプタッチのような感じではありません。
ロール感も抑えられていますので走りやすい感じの仕上がりですね。
現状がスタッドレスなのでもう少しノーマルタイヤにすると硬さは感じると思いますが車高調って感じの動きのすくない乗り心地でもないので良いと思いました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 車高調取り付け工賃14000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)