124スパイダーはND5RCロードスターとサスペンション形状同じの車両です。

ディベルティダウンサス取り付け

ロードスターとはでているメーカーが違いますのでお値段も結構するメーカーが多いですね。

 

サスペンション交換作業

ディベルティスプリング交換

純正ビルシュタインのサスペンションで結構硬さのある純正サスペンションです。

交換はロードスターとフロントは同じです。

このスプリングのメーカーのバンプカット量はHPに記載がありあすがかなりのカット量です。
ダブルウイッシュボーンやマルチリンクでバンプまでの距離の設定がかなりありますがなぜこのセッティングなのかはメーカーに聞かないとわかりませんね。
この仕様でバンプタッチは皆無になりますのでフェンダー干渉は覚悟が必要でしょうね。

124スパイダーディベルティ

 

リアです。

リアもかなりのバンプカットです。
カットして形を整える感じの説明がしてあるので成形の方が時間がかかります。
部品交換して1G締めです。

 

1G締め作業

124スパイダー1G締め

かなり車高が下がっていますのでブッシュもしっかり正常な位置で締めないと初期の負荷がかなりのもになります。
車両の正常な動きをさせてるためには必ず必要な作業です。

 

締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

車高の高さ

124スパイダーノーマル車高 124スパイダー

かなり低いです。
フロントは指が入るか入らないかレベルです。
ワイトレもついていてフェンダーが面なので干渉はでてきそうですね。

 

四輪アライメント調整

124スパイダー 四輪アライメント

さて四輪アライメント調整です。

数値は走りやすい数値に変更をしていきます。

ロードスターとは多少基準値が変わってきます。
ワイトレもついているのでキャスターの数値をあまり寝かすとライナー干渉しますのでその部分は少し変更をして調整をしていきます。
全箇所調整完了してよい数値になりました。

 

試乗です。

マイルド感は純正よりかなりあります。
やはりコーナーで大きくハンドルを切っていくとどこかに完了していきます。
ダウン量がかなりありますのでやはり上あたりでしょうね。
直進では当たらない感じなのでロール感が増えた分と言うのもあります。
ここまでしっかりバンプの加工方法がのっているということはメーカーの求めているものにこのストロークが必要と言うことなんでしょう。
難しいところです。現状はダンパーが効いた感じの方が強いのでダンパーのへたりが出てくるとより車高がさがる気もします。
直進性などはかなりよい感じなので今後の状況次第と言った所になりますね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)