アバルト124にアイバッハのスプリングの取り付けです。

以前にも取り付けを行ったことがありますが結構前下がりになるスプリングになります。

アイバッハ

アイバッハスプリング取り付け

フロントスプリング交換

アバルト124スパイダーのサスペンションはロードスターと全く同じ形状です。
作業方法はロードスターと変わりません。
外車ですがナット類も国産サイズなので苦労もありません。

 

ビルシュタインは標準装着ですね。

フロントのスプリングは巻数は多めになっていますが少し短めになっています。
交換してブッシュを緩めてリアの作業です。

リア取り付け スパイダー

リアはブッシュを緩めてショックのボルトを外せば苦労なく交換できます。
リアスプリングも短めですね。

さてここからがこの車両にとって一番重要な締め直しです。
アバルト124もロードスターもこの作業で走りも乗り心地も左右されますね。

1G締め作業

1G締め

ナットが同じと言うことはトルクも同じでいけるし工具も同じでいけますが下回りは1か所アンダーカバーが余分にリアにあるので脱着は必要です。

締め直しだけでリフトアップ時にブッシュがすでに効いていますのでショックは伸びきりません。

締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

車高の高さ

 

車高の高さはフロントが指1本ぎりぎり入るかでリアは指2.5本くらいはいます。

かなり前下がりのセッティングですね。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整のセッティングは基本街乗りセッティングでタイヤ重視でのご依頼ですが現状フロントの車高が低いのでキャンバーはある程度ついてしまいます。
それでも起こせる範囲で調整をして左右差を合わせました。現状の車高がフロント荷重になりそうなのでフロントの酷使は結構ありそうです。

リアキャンバーはフロントのキャンバーを基準に調整していきトーの数値の変更できれいな数値にはなりました。

ロードスターで街乗り対応くらいの数値ですが車重の重さの違いがありますのでタイヤ重視ですと少し気になる所です。

調整完了で試乗です。

アイバッハスプリング取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。
ビルシュタインのショックが効いている感じがありますので乗り心地の変化はさほど感じませんがストロークの変化は感じますね。
直進性などはよい感じだとおもいます。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)