本日はリジカラ4台と四輪アライメント調整に1G締めです。

リジカラ

車種はビート、アウトランダー、ロードスター、イグニスです。

順番にお持ち込みいただき作業していきます。

ロードスターリジカラ取り付け

やはりロードスターが一番手間はかかりますね。

リジカラロードスター

リジカラ取り付けの前にマツダスピードのメンバーブレスなどを外してから行っていきます。
まずはリジカラをはめ込んで仮締めして1G状態を作りメンバーもブレスバーも締めていきます。
箇所が多いので結構大変です。
ロードスターは割れタイプと言うリジカラになりますのでまたこれが少し手間なんです。

まずは取り付けして1G締めして四輪アライメント調整です。

ロードスター四輪アライメント

四輪アライメント調整は車両がノーマルになりますので現状の高さで数値を基本数値に調整をしていきます。
結構左右差がありますね。調整後は全箇所できますのできれいな状態になりました。

 

 

続いてイグニスです。

イグニスリジカラ取り付け

イグニスはフロントストラットでリアはトーションビームです。

リアは4WDなので少し当社のリフトではやりにくいですが問題なく取り付けできました。
スペーサーのザグリがかなり薄いのでもともとクリアランスはかなり狭いんでしょうね。

フロントはやりやすいメンバーのボルトです。
タイヤを外して簡単にできました。

四輪アライメント

交換後は四輪アライメント調整です。

数値はフロントのトーは少し悪い感じです。
調整はフロントのキャンバーとトーの調整ができます。
数値は左右差もなくなりきれいな状態です。前後ともに基準値内にしっかり収まっています。

 

続いてビートです。

ビートリジカラ取り付け

ビートリジカラ

続いてビートのリジカラの取り付けです。

ビートは走行距離がかなり少ない車両で下回りなどが気になっていましたが全然気になる必要無しの感じです。
リジカラも問題なく装着完了です。

1G締めをして四輪アライメント調整です。

ビート四輪アライメント

さて測定数値ですがリアのトーの数値がかなり悪いです。
これは何か乗り上げたなどの問題がありそうですね。
調整箇所なのでしっかり数値は調整して前後とも数値はきれいな状態になりました。
下からの見た目ではどうしてこの数値がでたのかは曲がっている感じもなくわかりませんでした。

 

 

最後にアウトランダーPHVです。

アウトランダーPHVリジカラ取り付け

アウトランダーは三菱のデリカなどと同じメンバー形状です。
この形状のメンバーは結構ずれがでる車両もあり苦労する場合もありますが今回は均等上げで全然問題なく曹宇着できました。
フロントに関しては全くもって問題無しです。

リジカラ取り付けで1G締めも同時におこない四輪アライメント調整です。

アウトランダーリジカラ

四輪アライメント調整箇所は前後のトーとフロントのキャンバーの調整です。
フロントキャンバーは少しポジ気味でしたが合わせれるところまでしっかり左右差を合わせてトーを修正です。
かなり悪い感じはありませんでしたので問題なしですね。

 

さてすべて終わり試乗の感想ですがやはり四輪アライメント調整の数値が出ている感じはしました。

 

リジカラの交換はいつも気になっている感じがある方は違いが出る感じを味わうことはできるかもしれませんが試乗だけですとやはりわかりにくいですね。

無事全台調整完了で作業終了です。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。