プラドにビルシュタインのショックの取り付けです。

フロントにはCリングにて車高調整機能がついています。
いつも大体一番上での取り付けで前下がりを解消させたい取り付けですね。

少し硬さがでてノーズダイブもかなり減りますのでブレーキング時の沈み込みなどが気になる方にはこういった取り付けもおすすめですね。

 

サスペンション交換作業

さてフロントはダブルウイッシュボーン形式にプラドはなります。
慣れればかなり簡単なサスペンションですが動きがわからないとあっちもこっちも外していかないと外れないってよく言われます。
フロントに関してはおおよそ15分ほどで交換のみは終わります。

ここから1G締めをおこないます。1G締めも同じくらいのお時間ですかね。

 

リアはショックのみの交換なんですがビルシュタインのアッパー部分はボルトが切ってあるのみなんです。
さてこれがなぜ面倒になるかと言うとアッパーのナットは狭い場所につく形になります。
純正はショックを回らなくするために切り欠きがつくってあり立ち上げがあります。
なのでその部分にナットをはめれば落とすことなくナットを付けることができます。
ビルシュタインは切欠きが部分がないためナットをのせてまわすことはできません。
最初から噛ませる必要があるため大変なんです。
作業が早いか遅いかは運もありますね。

噛んでしまえばあとは締めていくだけなので簡単なんです。
ショックをつけて車高の変化はないですが1G締めをおこないます。
もし乗り上げなどで問題があってもいけませんからね。

締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

車高の高さ

 

プラドビルシュタイン

Cリングの溝分ですがレバー比の違いやバネの巻き上げの違いで車高が変わってきます。
前後の見た目はよい感じになったと思います。

 

 

四輪アライメント調整

プラド四輪アライメント

このアップ方法ですと数値もぎりぎりよい感じになります。
フロントのトーとキャンバーとキャスターの調整も基準値+αでしっかり調整ができました。

 

試乗です。

ショック交換のみですがCリングを上げることによりその分硬さがでてきます。
その固さもビルシュタインのショックがうけてくれますのでよい感じの収まりです。
ノーズダイブや柔らかさが気になる方にお勧めですね。
しっかりした感じになりますのでその分四輪アライメント調整数値も変更をしています。

安定感もよい感じだと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ショック交換20000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)