ロードスターにブリッツの車高調の取り付けです

車高の高さは前後30mmダウンです。

ロードスターは前後のフェンダーの隙間が同じなため前後30mm変更無しでおこないます

車高調取り付け

ブリッツの推奨は40mmダウンです。
通常は数値に従って10mm伸ばして取り付けですがレバー比がありますのでフロントは数値を変えます。
この車両はよくおこなっていますのでデータがある程度あります。

フロントは調整済みで取り付けしていきます。
アッパーのトップナットなど締め直しをして取り付けします。

 

リアも同じくブッシュをすべて緩めて取り付けしていきます。
リアは実寸分の車高になりますが1G締めでメーカー数値とはことなってきますのでその分は補正します。

取り付け完了でまずはブッシュを緩めた状態で車高を見ます。

車高の高さ

ロードスター ロードスター

 

フロントは少し数値がずれましたので再調整して前後30mmダウンになりました。

ここで1G締め作業です。

 

1G締め作業

1G締め ロードスター

タイヤの取り付けが1回余分にはなりますが数値はしっかりでますし1G締めも正確になります。
ブッシュ箇所を全箇所しめて取り付け完了です。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

街乗りメインでのご使用なので今回は車高調でのローダウン分のみのキャンバーに抑えて調整をしてきます。

必要キャンバーは残していますので走りやすいセッティングにもなります。
その他に部分を全箇所調整して取り付け作業完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

乗り味はマイルドなセッティングです。
リアも直巻きではないので街乗りには最適感はありますね。
設置感もしっかり感じますので良いと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)