ヴェルファイアハイブリッドにブリッツの車高調の取り付けです。
車高の高さは低すぎずでのセッティングです。

ブリッツ車高調 

推奨が5cmダウンなので+αでセッティングします。

車高調取り付け作業

フロント車高調

ハイブリッドもワイパー回りは脱着無しで行けるようになりました。
工具のおかげです。
ブリッツは仮組なのでしっかりトルク締めしてから取り付けます。
箱のトルクが書いてあるんですよ。

当店のリフトは4柱リフトでヴェルファイアなどは前後別々でおこないます。
まずはフロントを取り付けするとおおよその位置がわかりますので先にリアは微調整ができます。
ストラットなんで特別大変ではないですがブリッツはブラケットがかなり薄いです。
強度はいまいちでしょうね。

リア車高

リアは別体式です。
ハイブリッド用なのでもともとの車高がかなり高いので推奨近くでも指3本近くはクリアランスがでてしまいます。

なので少し変更して車高調を入れたっていうくらいにします。
ブリッツはショックのストロークに余裕がありすぎるので問題はないです。
ブッシュ部分を緩めて車高を決めたら1G締めです。

1G締め作業

1G締め ヴェルファイアハイブリッド

リアのアッパーアーム内側がかなりやりにくいですが組み合わせの工具でできるんです。
全箇所おこない1G締め作業完了です。

車高の高さ

ローダウン車高 ヴェルファイアハイブリッド

低すぎずになったと思います。

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

ブリッツは長穴加工がされている車高調なので取り付けしただけだとフロントのキャンバーの数値がひどいです。
なので調整していきます。
キャンバーは車高調ですがタイヤのことも考えないといけないのでバランスよくの調整です。
リアは2度ほどですがハイブリッドは車重がありますので減りは早いでしょうね。
変摩耗が出にくいようなトーの数値に変更をして調整しました。

数値もきれいになり作業完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

ブリッツ指定の減衰力にしましたがリアの揺れがかなりあるので減衰力を中間に戻しました。
しっかり1G締めしたりすると乗り味はかなり変わってきます。
柔らかくすると揺れの収まりが少なく動きが大きくなってしまいます。
今回は前後のバランスもありますので減衰は中間です。
慣れたら最強と最弱を試していただきご自身がどちらよりがこのみかで減衰力を絞っていけると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)