ビルシュタインの車高調の取り付けです。

車高の高さは現状の高さより1cm上げてフロントのスポイラーの地上高を1cmアップにします。
さてビルシュタインですが基本となる取り付け位置も入っていなければアダプティブ M サスペンションのキャンセラーについての説明書きも一切ないです。

まずは阿部商会さんに取り付けかたの資料をいただき作業します。

 

車高調取り付け作業

フロント車高調

サスペンションなどはさほど交換はいつもと同じなので変わらないですがセンサーの取り付けなどに手間がかかります。バンドで締めて取り付けをするのですが助手席側に使った入っているバンドは締めていくと緩んでしまいます。少しテンションをかけて締めました。両面テープでも張り合わせが入っていたので良いとは思いますが気になるとことです。

キャンセラーの取り付けは純正の配線のカプラーを外しカプラーをばらしてビルシュタイン用のカプラーに変えます。仕様はアイバッハからの資料なので制作はアイバッハ製なんでしょうね。

 

ブッシュをすべて緩めた状態にしてリアの取り付けに入ります。

リア車高調

リアはまずブッシュをすべて緩めます。
この方が交換時にロアアームとナックルがつけやすいので良いですよ。
ただし締め付けは必ず1Gができる自身が無いとブッシュが痛みますのでご注意を・・・

車高の高さが書いてないでの現状の出荷時の位置で取り付けしていきます。

仮組ですがフロントはなかり低くリアはフェンダーとタイヤの隙間が指3本くらいになります。
セッティングってないんですかね。ビルシュタインのハイト調整はもともと上下に1cmほどとよく書いてありますので元になるデータが無いとビルシュタインのメーカーの狙いどころがわかりませんね。
今回は希望の高さがございますので希望に調整をします。
もともとダウンサス時に左右差もありましたが車高調に変えても左右差があります。
左右のずれが大きくなるのは防ぎたいですがある程度まで合わせていきます。
あまり高さを合わせるために左右差を出しすぎると乗り味に影響がでますので程よいところでと思っていましたがほぼ左右差無しまでいけました。

高さが決まれば1G締めです。

1G締め作業

1G締め BMW

以前このタイプのサスペンションはよく交換をしましたのでその時にある程度の工具をそろえていますので問題なく1G締めは全箇所可能です。

1シリーズより2シリーズの方がやりやすい感じはしますが気のせいだとは思います。
全箇所完了させてアンダーカバーなどを戻して取り付け完了です。

 

車高の高さ

ローダウン

寸法を見ながらの調整になりますがよいバランスですね。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

BMW 四輪アライメント

さて四輪アライメント調整です。
リアはかなり取り付け時に動かしますので数値はひどいものです。
フロントのキャンバーに関しましてがローダウンでもさほど変化はでませんね。
リアの数値は今回は基準値に揃える形での調整です。
フロントのキャンバーもほぼ基準値中央付近なのでトーの変化も今回は純正値です。

純正値もかなり奇抜な数値なのでタイヤはしっかり使って走る仕様です。

タイヤもハイグレードタイヤなので面白いでしょうね。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

最近のビルシュタインは柔らかいセッティングの車高調が多い感じがしますね。
ブッシュも適正になりますのでショックの動きとスプリングの動きが中心に動くわけですが動きがしっかりあります。
踏み込んだ時はブッシュが効いてサスペンションに力を貸すわけですがアームが複雑すぎて動きがどういうふうになるのか気になります。
面白いですが難しいですね。
ワインディングでの楽しさは純正に比べて面白さがあると思いました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け27000円(税別)キャンセラー取り付け4000円(税別) 四輪アライメント調整15000円(税別)