ハイエースにランチョの9000番のショックにリムのハイパートーションバー、クスコスタビに調整式のスタビリンクの取り付けです。

現状は2インチダウンに玄武のバンプラバー前後の装着がされています。
リバウンドストッパーは純正のままなのでハイパートーションバーを入れるとリフトアップ時にトーションバーは遊んでしまいます。

 

サスペンションキット取り付け

リアはショックのみなのでまずはリアショックを変えます。
交換自体は問題はないのです。

 

続いてフロントです。
交換は慣れている箇所ばかりなのですが取り付けする部品は最近あまり取り付けしないパーツが多いです。
バンプラバーは助手席側が割れてしまっていますね。少し隙間が空きすぎですね。
まずはスタビリンクとスタビを外してトーションバーを交換していきます。
前回ローダウンされたお店だと思いますがトーションバーボルトのダブルナットが硬すぎて外すのがかなりてこずりました。超ハイパートルクでしまっていました。
さて外れれば交換は慣れたものです。
やはり組付けた位置では車高のダウン量が足りないです。
アンカーの取り付け位置を変えて調整をしていきますがリバウンドストッパーが変わっていないのでトーションバーは遊んでしまいます。

バンプラバーやリバウンドストッパーは乗り心地にもかなり影響をだしますのでしっかりとしたものがよいですね。玄武さん当たりがおすすめですね。この動きの制御と素材で乗り心地は格段とかわります。取り付け方も大事な箇所です。
さてこういった説明をするときは大体何か乗り心地が気になる場合です。


そのほかフロントショックとクスコのスタビと調整式のスタビリンクをつけて取り付け部品完了で試乗します。
このショック取り付けする際かなり柔らかい感じがしました。

試乗です。

先に書きますが乗り心地はかなり厳しいです。
ハイパートーションバーでバネは硬くなりましたがショックが柔らかいので抑え込みに役不足感があります。
多少の役不足感ならバンプとリバウンドストッパーの距離がしっかり出せていればあおりもある程度抑え込みことができますがその抑えもありませんのでずーっと揺れます。大きい段差での動きはかなり怖いです。
なんでしょう。部品のマッチングと言うべきなんでしょうか。

とりあえず四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

調整箇所はフロントのキャンバーとキャスターとトーの調整です。
数値的には内減りが出てしまう数値です。現状のタイヤも内側が少し変摩耗をしかけていますがまだ新しいので大丈夫そうです。

いつもの調整をおこない数値的には問題はなくなりました。四輪アライメント調整は動いていない状態での数値なので車がちゃんと機能して初めて活かされますのでハード面に問題がある場合はせっかくの数値もどこまで対応できるかになってきます。

 

試乗です。

動きの抑えがかなり気になります。ハイパートーションバーなので当然ですが通常は硬さがでます。
抑えがあればこの固さも問題はないですが硬くて抑えられないということは入力が大きければ大きいいほど車の揺れは大きくなります。バネなので反発力がでますので当然ですが収まりません。となるとやはり安定感に問題がでてしまいます。

色々な対象方法と今後まずはトーションバーの遊びの改善が最優先になってきます。
色々とご説明をさせていただき作業完了です。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 フロント、リヤアブソーバー 8000円(税別)
トーションバー交換 8000円(税別)
フロントスタビライザーとスタビリンク交換は6000円(税別)
四輪アライメント調整は10000円(税別)