S2000にブリッツの車高調の取り付けと四輪アライメント調整です。

S2000 ブリッツ車高調

S2000にブリッツはあまり少ない気がします。
マッチングはどうでしょうね。

 

車高調取り付け作業

S2000 フロント車高調

まずはフロントからです。
S2000はブッシュ部分を緩めてアッパーアームを外せば簡単に交換できます。
まずは入れ替えていきブリッツの説明書通りに取り付けしていきます。
ブリッツの車高調は仮組なので取り付けする前には必ず本締めが必要なので締め直しをしておきます。

S2000 リア車高調

リアもブッシュを緩めるとすぽって抜けます。
リアはショックが結構短く純正のような別タンクではないです。
仮組してみてブリッツの推奨値と照らし合わせるとリアは2cm推奨より下がってフロントは5mmしか下がりません。
ブッシュはすべて緩めていますので車両側に力が加わるものもありません。
これではかなりの前上がりなので車両とタイヤの寸法をブリッツの推奨より1cmづつあげて調整しました。
車高が決まって1G締めです。
最近のブリッツの車高調ってプリロードがかかっている気がします。1年もするとへたりでバネが遊んでいる車両が多いからかなって思いますがどうなんでしょうね。

 

1G締め

S2000 1G締め

ブッシュは多いですが簡単な車両です。
この車両もトルクレンチ1本ですべてできるんですよ。車高調でID62までは。

締め直しを終えて試乗後四輪アライメント調整です。

 

車高の高さ

S2000 ノーマル車高
S2000 ローダウン車高

そこまで車高は下げたくないそうなので数値を変更しています。
リアに減衰力の延長ダイアルがつきますが応急タイヤ側はつきませんでした。

 

四輪アライメント調整

S2000 四輪アライメント

数値はローダウンしていますので純正数値よりは変更していきます。

前期型はリアタイヤの減りが大きいので少し緩和できるようにはセッティングしていますがタイヤがレグノでスポーツ系ではないので内側のコンパウンドを考えるとタイヤの減りは早そうですがそのことばかり考えてセッティングをすると今度は車高調をいれたのに純正の方がよく曲がったなんてなりかねないので中間をとりながらの調整です。

 

調整箇所は前後のトーとキャンバーとFキャスターの調整をして作業完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

試乗です。

リアのストロークと動きは少し気になる感じがします。ゆとりは純正の方があるとはいえ前後のゆとりの違いがある感じです。容量不足なんでしょうかね。街乗りで感じるということはワインディングなどではもっと感じるかもしれません。
減衰力中間ですが安定感は問題く安定して走れますし回りやすい感じはしました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)