先日フロントリップスポイラーを取り付けしたプリウスです。

ブリッツ車高調

本日はラルグスの車高調の取り付けです。

車高の高さは4cmダウンぐらいのセッティングですが前後のバランスを取りながら数値をセッティングしていきます。

 

車高調取り付け

フロント車高調 プリウス

ワイパーの部分を外したりして作業をおこなってきます。
50プリウスは減衰力があとからフロントは調整が厳しいかもしれませんので事前に調整をしておきます。
ラルグスの車高調なのでコンプリ―トですが締め付けトルクをしっかりおこなってから取り付けしていきます。

フロントはストラットになりますので外して取り付けするだけです。
あとはアンダーカバーを外して1G締めを行う準備です。
プリウスのロアアームはトルクが高いので結構力がいります。

リア車高調 プリウス

リアはマルチリンクです。
ナットの頭は14mmの工具になっていますのでボルトの太さは今までと同じです。
プリウスはC-HRちは違いすべてブッシュ構成になります。

前後ともブッシュフリーで車高を決めてから1G締めです。

 

1G締め作業

1G締め プリウス

ストロークのセッティングとブッシュを締めていきます。
これで1G状態では車高調の力だけで車重を支えることになりますのでゴムのテンションもしっかり伸び側縮側同じになります。サスペンションが活かせる走りができます。
プリウスは全く乗り味がこの作業で変わってきます。車両本来の動きは大事ですからね。
ラルグスがこういった作業をおこなっているかは不明です・・・

 

 

車高の高さ

 

低すぎず高すぎずでのセッティングになっていると思います。

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

ローダウンでリアのキャンバーの量は結構多いですね。
リアの内減りは多くなりそうです。

フロントは長穴式の車高調になりますのでキャンバーの調整もしっかりできます。
今回は街乗りでよさそうな位置にセッティングをおこないました。

数値もきれいになり四輪アライメント調整完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

直進性などは気になる感じもなく調整後は安定化がでている感じですね。

結構柔らかめのセッティングの車高調で動きが結構ありますのでタイヤの負担も少なくなるとは思います。

ラルグスはへたりが早い感じがしますので車高の変化には注意が必要です。
高さに変化は四輪アライメント数値の変化に直結しますのでいつも止める駐車場などで数値を図っておくことをおすすめします。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け作業18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)