さてSTIのスプリングにも交換してありSTIパーツがかなりついているWRXです。

STI

今回はSTIラテラルリンクとSTIのメンバーボルト、メンバースペーサーの取り付けです。

 

ラテラルリンクキット取り付け

 

まずはSTIのラテラルリンクの取り付けです。
このパーツのノーマルとの違いはブッシュ部分がピロボール化されていることが大きな違いです。
さてピロボールにすると何が違うってことになりますがピロボールにするとまずはブッシュと違い稼働に抵抗がほとんどありません。そしてブッシュ特有のよれもありませんのでリアの動きがよりタイトに動くようになります。ですがストレスフリーの分ショックとスプリングに動きが依存してしまうことですね。しっかり依存しても受け止めてくれるサスペンションならよいと思います。

 

STIのメンバーボルトとスペーサーの取り付けです。
メンバーボルトはサブフレームとフレームのボルトのカミシロを長くすることで合成を上げているパーツです。
スペーサーはメンバーブッシュの動きを止めてリジット化するのが狙いですね。
アルミスペーサーなどで完全リジット化すると振動や衝撃にボディが弱くなりますがこのパーツは樹脂製なのでマージンはあると思います。

交換後は1G締めの作業です。

1G締め作業

1G締め

ピロボール以外のパーツを1G締めします。
アッパーアームはブッシュなので少しでも正確なブッシュの動きになるようにします。

最後に四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

1G締め

四輪アライメント調整は高速での設置感とのことなので少しキャンバーの数値を変更して調整していきます。
リアのキャンバーの数値が純正の基準値より少しおき気味になっていますのでSTIのスプリング交換で少し車高が上がっている可能性もあります。この型のSTIスプリングはもともと車高の変化がほとんどありませんのであり得ないことはないですね。

トーの数値もしっかり調整して作業完了です。

 

試乗です。

タイヤがミシュランのスーパースポーツなので少し固めのハイグリップタイヤです。
リアの動きがかなり出たことでタイヤの感覚がより分かるようになっています。
トーの入力もたわみはない分コーナーでは動きが結構タイトになりました。
数値の変更でどれくらいの違いがでるか楽しみですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 メンバーボルトとスペーサー、ラテラルリンク交換1G締め 16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)