ハスラー MR31Sにビルシュタインショックの取り付けです。

ハスラーは乗り心地に不満があるたかが多い車両ですね。

ショック交換作業

現在はネオチューンが入っています。
さて取り外して交換です。

まずはフロントを外していきますがベアリングが変形して取り付けられていてプラスチックが割れてしまっています。
たまたま中古のアッパーベアリングあったのでこちらを使います。アルトワークスのものだと思います。
さて外したショックですが全く戻ってきませんし押す力も戻す力もかなりゆるいです。
前もこの仕様のネオチューンがありましたがロールすると車が傾いたままになるショックですね。

さて交換のビルシュタインはそういった感じはありません。
押す力もかなりのもで当然伸びるとのはかなりスピードで伸びてきます。
反応の違いがわかりました。

前後交換して試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

さてキャンバーですがネガにはなりません。
純正基準値若干ネガにはなりますのでノーマルスプリングなら問題はありませんね。
アップサスになどに使う場合はキャンバーボルトはご用意があったほうが良さそうです。

さてキャンバーの数値とトーの数値を変更して調整完了です。

 

ショック交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

さて試乗です。
かなりがっしり感が出ている感じがありますね。
路面をひろう感覚がやはりよいですね。
今までの感じからするとかなり硬さを感じるとは思いますが収まりが良いので気にならないかもしれません。
ビルシュタインもマイナーチェンジをハスラーはしているそうでより開発に力を入れているということなのかもしれませんね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会がございましたらご利用お待ち致しております。

 

参考取り付け工賃 ショック交換13200円(税込) 四輪アライメント調整11000円(税込)