ジムニーJB64のショックとスプリングとステアリングダンパーの交換です。

交換は手順通りでおこなえば作業時間もかなり早いです。

 

サスペンション交換作業

お車も新しいので特別気になる箇所もありません。
いつもの手順どおりに変えていきます。
APIOのサスペンションは長さもそこまで長くありませんので楽に交換ができます。
スプリングのインシュレーターもAPIOは付いていますので移し替えも必要ありません。

ショックとスプリングにステアリングダンパーを交換していきます。
ステアリングダンパーだけは色が違うんですね。

 

リアも同じくショックとスプリング交換です。
純正とほどんど長さもかわりません。左右をあわせて取り付けをして取り付け作業完了です。

1Gが必要なブッシュ部分はすべて締め直しをしていきます。
どこが必要なのかはサスペンション形状を見るとわかりますね。

 

さて交換して試乗後四輪アライメントです。

 

四輪アライメント

さて四輪アライメントはトーの量とハンドルセンターの修正です。

車高の変化があってもラテラルロッドそのままなら必要無いというメーカーもありましたが数値って測定シてみて初めてわかります。純正出荷時の数値だってそこまで正確ではありません。
まずは一番メーカーがこの数値っていう数値にするのがいいですね。たとえ数値が同じでも安心感は違いますね。

今回はトーの量がかなり少ない状態でした。このサスペンションはキャンバーの量は車高で変化はありません。なのでトーの数値はサスペンションの動きで決めていくことになります。キャンバーに対するトーの量と硬さに対するトーの量を考えていきます。

さて調整して作業完了です。

 

APIOサスペンションキット装着と四輪アライメント調整後のインプレッション

さて試乗です。

ショックはKYB製なのでショックの内部の慣らしに多少時間がかかります。
初期は少し現状では硬さがありショックが効いた感じがしますが馴染みがでると変化シてくると思います。
現在は減衰力8です。今後好みに合わせて行く感じがよいでしょうね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

 

参考取り付け工賃 サスペンション交換15500円(税込)ステアリングダンパー交換+4400円(税込)四輪アライメント11000円(税込)