ゴルフ6に車高調のスプリング交換と四輪アライメントです。

 

スプリングはチャクリキの24Kとヘルパーで車高調はラッシュに組込です。

 

ゴルフ6 RUSH直巻スプリング交換

さて取り付けですが今回はキャンバーもつけたいとのことでロールセンターアジャスター(T-DEMAND)も同時に取付していきます。

ラッシュの車高調もピロアッパーで外したときに調整ができますので調整をしていきます。
まずは組み込みをして取り付けをしていきます。

さてT-DEMANDのロールセンターアジャスターですがまずは取り付けをしていきますがボルトはロックナットのロックまで届きません。
指定トルクもありませんのでボルトの必要トルク最大値で締めていきます。
まずはつけてハンドルを回すとナックルにあたります。説明書には当たると事は加工しないとアームロックの原因になると記載があります。
ナックル側を削ります。正直少し商品としては厳しいものがありますね。お客様にも説明をして取り付けをしていきます。

フロントの車高調のストロークを出して車高を調整していきます。

リアもチャクリキのスプリングに交換しますがショックを最小にしても遊んでしまいます。
今回はフロントのスプリングの自由長がちょうど良かったのでバネレート自体はご購入されたものとは少しことなりますがこのスプリングでしたら車高もご希望にして問題無い感じで取り付けができますので急遽変更して調整をしました。
その他アッパーアームやトーコンロッドもありますが純正のアームでも十分キャンバー調整ができますのであまり問題が起きやすい商品はつけたくありませんのでノーマルアームでお願いをいたしました。

 

1G締めをして四輪アライメントです。

 

四輪アライメント

さて四輪アライメントです。

フロントのキャンバーは-2度30分ほどしか付きませんでした。
リアのキャンバーは-4度指定なので調整していきます。まだノーマルアームでも30分はあと寝ます。

大体ご希望の数値となりました。

 

試乗です。
車高は低いですが減衰力フロント最大で24Kのスプリングでも違和感はさほど感じませんでしたので十分走れるレベルですね。
安定感も良い感じです。チャクリキのスプリングがかなりよいのでしょうね。

今回は取り付けにかなり苦労をして何度も付け替えや加工をおこないました。
基本的にはこういった作業は行いませんが今回は常連様なので・・・

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会がございましたらご利用お待ち致しております。