いつもありがとうございます。

シエンタにタナベのDF210ダウンサスの取り付けです。

シエンタ用DF210

タナベさんはダウンサスの箱にバンプカット量が書いてありますので確認して作業をおこないます。

サスペンション交換作業

フロントサスペンション交換 シエンタ

箱を見ると前後ともにバンプカット無しです。
ストローク不足は必ず出てくる感じがしますがDF210は基本的にローダウンメインで乗り心地がメインではありません。ストロークを出すためバンプの加工も考えましたがバネレートが下がりストロークが出すぎるとロール感がかなり出てしまうと思います。なので今回はメーカー推奨でおこないます。
バンプラバーも少し特殊形状になりますね。

シエンタ リアサスペンション交換

リアはカローラなどと同じでトーションビームですがショックとスプリングが一体式のモデルです。
リアもバンプカットは無しです。リアは形状的にカットは難しいですね。

前後スプリング取り付け完了したら1G締めです。しっかりブッシュを稼働できるようにします。

車高の変化

ノーマルシエンタ ローダウンシエンタ

結構車高も下がりました。
ゆすってみるとかなり揺れがでます。バンプまでの距離はかなり狭い感じですがスプリングの柔らかさが揺れに出ている感じがしますね。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

シエンタ 四輪アライメント

シエンタの調整箇所はフロントのキャンバーとトーの調整になります。
キャンバーはストラットボルトとナックルのガタで調整をおこないます。
ある程度の調整幅がありましたので数値はきれいな数値になりました。
ストラットにガタが大きいということはトーの数値の変化もサスペンション交換作業をおこなうとかなりの変化がでます。この車両はかなりのトーアウトです。このまま乗っていたら5000キロほどでタイヤがなくなりそうな数値です。

しっかり調整して作業完了です。

シエンタダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

やはり乗り心地は柔らかいです。バンプタッチ気味でもスプリングの柔らかさとバンプの柔らかさがあっている感じがありますので違和感はさほどノーマルタイヤではない感じです。
しっかり感はないのでさらなる乗り心地ならばKYBのローファースポーツとエスペリアさんの前後バンプラバーがよいかなって思いました。ただバネの柔らかさとショックのマッチングは気になるところです。

調整前の走行はかなりハンドルがとられましたが調整後は安定感も向上して乗りやすくはなりました。
タナベさんのDF21はよく下がりますね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃

ダウンサス取り付け16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)