本日は京都よりご来店ありがとうございます。
交換パーツはビルシュタインショックにモトレージのスプリングにラテラルロッドにリアスタビリンクですね。
関西の方はモトレージのスプリングが多いがします。

2インチアップ

ビルシュタインショックは皿位置を通常より1段階上げての取付です。

2インチアップ作業

 

フロント

フロントのショックは純正ショックよりかなり長いですね。
伸び側にもゆとりがありますので皿位置変更でも問題なさそうです。
スプリングの向きはメーカー指定がありますので指定通りに組み付け伸び切った状態でスプリングが当たらないか確認します。
問題なくアッパーアームの隙間にスプリングの間が来ました。

 

1G締め

ブッシュの締め付けです。1G状態でしっかり締め直しを行うことでブッシュの動きが均等になりますのでこれでサスペンションが活かしきれる用になりますね。
フロントの装着は以上です。

リアの取付です。
このビルシュタインはアッパー部分の取付けボルトが長いのでブッシュをつけてもナットの頭がしっかりでますので取付しやすいですね。
以前良く取付をしていたシルバーのビルシュタインの方はアッパーのネジが出にくいので苦労しました。
改善なのか商品の違いなのかはわかりません。

リアショック

モトレージのスプリングもJAOSのスプリングと同じで純正にくらべかなり長めです。
もうかなりの台数をおこなっておりますので慣れました。
スプリングにより取付方や工具も違いますが作業時間は変わらなくできるようになりました。

リアサスペンション交換

光軸ロッドやスタビリンクやラテラルロッドも交換を終え1G締めをおこない取付作業の完了です。

車高の高さは

車高

上がっていますね。迫力がでて車が大きく見えます。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

プラドはフロントのみの調整になりますがフロントは全箇所可能です。

リアのラテラルロッドは左右差をメインに調整しています。

フロントの数値はかなりのふらつきが出る数値になっています。これはリフトアップに伴う数値の変化が原因ですね。
このプラドはノーズダイブもかなりノーマルがあるお車です。現状のサスペンションによってかなりの改善がされていますので数値も純正値ではなく変更しての調整でおこないました。

調整はフロント全箇所おこない数値もリフトアップで調整可能範囲では最適な数値になりました。

2インチアップと四輪アライメント調整後のインプレッション

ビルシュタインとモトレージのスプリングのセットも中々良いですね。
ストロークに余裕があるショックなので動きも余裕があります。ノーズがブレーキング時に下がりますがほどよい量なので気になりません。
リアのスタビリンクの延長も効いていて後ろの動きがコーナーでよい感じがしますのでロールもさほど気にならないです。
あとは四輪アライメント調整のセッティングで安定感もでておりますので乗りやすい一台の完成です。

それではこの度はありがとうございました。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け金額

ショックとスプリング交換20000円(税別)スタビリンク、ラテラルロッド、光軸ロッドは別途工賃 四輪アライメント調整10000円(税別)