現在ブリッツ野車高調よりラルグスの車高調に交換のご依頼をいただきました。

現状の動きが気になっての交換です。

車高調

ブリッツの車高調とラルグスの車高調はどうちがうのでしょう。

車高調取り付け作業

 

フロント車高調

まずはフロントからの装着です。

フロントはストラットモデルです。

ブリッツの外した車高調とラルグスの車高調を比べてみます。

ロックシートなどの形状は違いますがブラケットやショックの長さは形も作りも長さもすべて同じです。

バネレートは1キロブリッツとは違いますが品番の書き方も同じです。

作っている工場は同じでメーカーによって味付けが違うということですね。

ブラケットのペラペラ感はブリッツとラルグスはかなりの物ですね。

リア車高調

リアに関してはバネレートは同じです。

足回りの構造はトーションビームでカローラなどと同じタイプです。

トーションビームの中に入っている純正のスタビは結構効くんですよ。

1G締めもしっかりおこない作業完了です。

さて交換後の試乗です。

両方とも新品を運転したわけでは無いですが動きの違いはありますね。

根本的な動きは全く同じですが新しい方がショックの抑えがありソフトに感じることができます。

 

四輪アライメント

四輪アライメント

四輪アライメント調整です。

四輪アライメントはフロントのキャンバーとトーの調整が可能です。

フロントのキャンバーはブラケット部分が長穴により大幅に変更ができます。

ウイッシュは街乗りの仕様なので車高調の動きに合わせてのキャンバーで調整をおこないます。

トーの数値もしっかり修正をおこない四輪アライメント完了です。

車高の高さは

ウイッシュローダウン

現状維持での車高です。程よいローダウンで中々スタイリッシュです。

車高調取り付けと四輪アライメント後のインプレッション

車高調の仕様が似ているメーカーなので多きな変化は無いですが動きに対するショックの効きが良いのでガタガタ感は無くなりましたね。

もともとブリッツやラスグスのスプリングは初期の動きが気になります。

フロントのスプリングを他の初期の動きがよい粘りのあるプリングに変えるだけでもこの車高調は格段とよく感じるようになると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)