HKSさんの中古の車高調の取り付けと四輪アライメントです。

ダストブーツは新品をご用意いただいておりましたので交換しながら現状を見ます。

フロントスプリングはスイフトに変更してありヘルパースプリングが追加されていました。

動きの制御的には良さそうです。

リアに関してはスプリングのレートはわかりませんが自由帳はHKSの説明書より5mm長い感じです。

ここら辺は誤差はありますので純正かどうかわかりません。

HKS車高調

車高調取り付け作業

まずは組付けです。ストローク長などはとりあえず組み込みそれから調整をおこないます。

 

フロントサスペンション交換

フロント車高調

フロントはジェイドはストラット車両です。

アッパーはHKSさんのショックは中央が上に立ち上がっているのでワイパーを外しておこないます。

ホンダはドライブシャフトが抜けやすいので注意して交換をおこないます。

 

リアの取り付け作業

リア車高調

リアはオデッセイなどと似ている形状です。

この形状は車高を結構下げるとキャンバーがついてしまう足廻りです。

 

長さが全くわかりませんのでとりあえず前後組み込みここからまずはストローク量の確認をおこないます。

まず1G状態を作り上げてストロークを見ます。

フロントはヘルパーがありますんので現状の倒立式のショックのストロークを伸び側と縮み側を確認します。

大体以前の取り付けしてある位置でよい感じです。もう少し調整をと思ったのですがスプリングシートが固着で左右全く回りません。今回は問題無いストロークなのでよかったですが仕様変更をしたい時は何とかしないといけないですね。

リアはストロークを考えるとプリロードは少し欠けないと縮み側がつらいので少し欠けました。

HKSさんのショックでしたらハネは出ないくらいの量です。

 

ストロークが決まれば車高を決めて車高が決まれば1Gの締め付けです。

 

1G締め

1G締め直し

フロントのアッパーアームはかなりやりにくいです。工具を駆使して完了です。

リアはアッパーアームのフレーム側は横止めのブッシュなのでローダウン時はピロの調整式の物なんかに変えるとかなり動きが良くなりそうです。

 

取り付け後の試乗です。

ストロークがしっかり出ていますんで乗り心地はよいです。

フロントもスイフトのスプリングなので動きが良いです。

直巻きのスプリングって皆さんよくどこのメーカーでも同じ長さと同じ固さだと同じと思っている方が多いですが実は全く乗り心地が違うんですよ。反応も違えは揺れなどもメーカーによりかなり違います。乗り心地に不満がある方は交換してみるのも1つの手です。

 

四輪アライメント

ジェイド

最後に四輪アライメントです。

フロントのナックルの感じはジェイド独特の感じです。ストラットボルトの位置も通常の車両とは少し違います。

この違いがなんの違いに出てくるのか知りたかったですがわかりませんでした。

リアのキャンバーは少し多めです。キャンバーアームなどの設定があるのであればタイヤの寿命も考えて交換を考えられてもよいかなとも思います。キャンバーアームが出ているかは不明ですが・・・・

 

フロントのキャンバーも少し多めですが車高調の動きとするとほしいキャンバー量ですが内べりを考えるとトータル的にはそこまで必要ない量です。調整めいいっぱいおこして調整はおこなっています。

トーの数値もキャンバー量、車高調ということも考え変更しました。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

乗り心地はHKSの車高調をそのまま取り付けするのと比べるとフロントにはゆとりがある感じがでています。

ワゴン車として乗るのも十分乗れますし高速などは走りやすい感じの固さです。

スイフトのスプリングのレートとマッチングが良い感じがしました。

あとは中古です。どれくらいの寿命があるかが気になるところですね。

ローダウン

それではこの度はありがとうございました。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け金額 車高調取り付け工賃 18000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)