4WDのハイエースKDH206Vの四輪アライメントです。

フロントの内べり、変摩耗がかなり酷いそうです。

四輪アライメント作業

 

 

さてタイヤの状況をみてみるとフロントタイヤの内側のみ溝がなくなっています。

足廻りはローダウンをおこなっていますがその時点で四輪アライメントは実施していなかったそうです。

車高の変化はしっかり四輪アライメントが必要ですね。

さて測定してみると内べりしかしない数値がでています。

キャンバーも当然かなりのネガティブキャンバーですがトーもかなりものです。

ハイエースは車重もありますんのでタイヤの減りも通常よりかなり早いです。

 

さてしっかり調整します。

4WDは2WDとロアアームの形状が違います。

なので調整方法も変わっています。

キャンバーが思っていたよりおきませんので今回は少しキャスターを犠牲にしての調整で数値を合わしていきます。

キャンバーでの内減りはかなり良くなりました。トーの数値もショック自体がHKSさんで動きもだいぶ制御されていますので数値を変更して調整をおこないました。

タイヤ第一で今回はセッティングです。

試乗ですが現状タイヤに問題はあるものの走りはかなり安定しました。

トーの数値の変化によりかなり乗りやすさが出たと思います。

 

早めにタイヤ交換をお勧めいたしますね。

 

それではこの度はありがとうございました。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け金額 四輪アライメント10000円(税別)