足回り交換での四輪アライメント

クラウン

先日足回り交換を実施させていただきました車両です。

慣らしも終わり四輪アライメントです。

ダウンサスですが車高は結構おちています。

スプリングはレーシングギアのスプリングです。

さて四輪アライメントですがこの車両は前後のトーの調整が可能です。

足回り交換をおこなっていますので数値の変化があり内べりしやすい数値になっていました。

キャンバーがこの車両はノーマルアームでは調整ができないのでフロントの2度近いキャンバーだと内べりは出てしまいます。

トーである程度は補えますが補いきれないので内べりはどうしてもします。

この場合皆さん前後のローテションをお考えだと思いますがローダウン車はストロークが不足し足回りの動きは制限されます。バンプ量が適切でない場合はもっと制限されます。

その場合当然ですが足回りは動きませんのでタイヤへの負担はかなりのものです。そう言う状況で減ってしまったタイヤをその場所以外に取り付けをすると当然ですが車は良い方向には進みません。

得にリアタイヤはハンドルでの制御がないので余計に偏摩耗をします。

この場合、タイヤのローテーションは望ましくありません。前後2本づつのタイヤ交換の方が望ましいです。FF・FRであれば2本ずつ銘柄が変わっても問題ないです。

ローダウン車にはローダウン車の事情が色々とあります。

余談でしたが参考までに・・・

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらご利用お待ちいたしております。

参考取り付け工賃 四輪アライメント10000円税別