さてサスペンション交換です。

この車両中古でご購入だそうですが錆もすごいです。

 

アップスペーサー取り付け作業

さて交換です。

サーフも慣れていますので交換はあっと言う間と言いたい所ですが錆でロアアームの固着がありいつもの外し方ができません。
交換方法は幾通りかありますので違う方法でおこなっていきます。

まずショックの下側にねじの入れる向きが逆とかアッパーマウントが左右違うものがついているとか問題だれけなんです。

とりあえず外してアップスペーサーを取り付けするのですがアッパーとボディを固定するアッパーマウントのボルトの長さが違います。
これではアップスペーサーがつきませんので長い部分はカットして取り付けをしていきます。
ノーマル復元も問題なくできる長さでカットしました。

あとは戻していきますが錆を何とかしないいけないので少し削って取り付けをしました。

デフダウンもあまり見ないタイプでたぶん安価のものだと思います。
アンダーカバーつけるのにかなり苦労しました。
削ってカットして取り付けできるようにして取り付けをしました。

これで1G締めをおこない取り付け作業完了です。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント

さて片側のロアアームのカムが動かないので片側に合わせて左右差をとっていきます。

キャスターはかなり厳しい状態なので車高を上げた分はさらに厳しくなりそうです。

トーの数値もかなり悪いので今までも四輪アライメントは行っていない可能性がありますね。

できる限りしっかり調整を施して作業完了です。

車高は6.5cmほどフロントは上がりました。
アッパーアームなどの1Gでのブッシュ開放も車高の変化に出ている可能性がありますね。
スプリングはワンサスなので乗り心地はマッテレにワンサスですねっていう硬さはありますがフワフワではないので走りやすさはありますね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会がございましたらご利用お待ち致しております。