オートエグゼのスタビライザーとスプリングにスタビリンクの交換です。

MAZDA3 オートエグゼ

メーカーHPによると作業時間はスタビライザー交換は2.0hとなっています。

スタビライザー交換

マツダ車のスタビライザー交換はいつもかなり大変なんです。
まずはメンバーを外していきますがメンバーを外すにもかなりものを外していかないといけません。
スタビライザー自体を抜き取るには結構メンバーを下げないといけませんのでメンバーボルトを緩める程度ではだめでした。
完全におろして行う方が早いですね。

メンバー後ろから抜き取れるまで下げていきます。
メンバー以外は車両に残して下げて抜き取り交換しました。

かなり時間がかかりましたがオートエグゼの作業時間よりは早めには終わりました。

さて交換してサスペション交換です。

 

オートエグゼスプリング交換

まずがフロントです。
フロントは外車のように差し込みになりましたがMAZDA3はストラットだけで抜き取れます。
SSTを使ってカシメを広げて抜き取り交換していきます。
フロントは気になるところはないです。

ダウン量は2cmなのでスタビリンクの一番長い状態で組み込んでいきます。

リアです。
リアはトーションビームなので交換自体は簡単ですがこの車両のスプリング上下の位置は決まっています。

純正と同じ切り欠き位置でないスプリングなのでリアの取り付け場所はずれてしまいますね。

交換して1G締めです。

 

MAZDA3はリアの1G締めはタイヤをついた状態でもできますが特殊工具が必要です。
フロントはアンダーカバーを外しておこなっていきます。

締め直し完了させて作業完了です。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

車高の高さ

車高は前後ピッタリ2cmダウンでした。

四輪アライメント調整

MAZDA3四輪アライメント

最後に四輪アライメント調整です。

この車両はトーのみの調整になります。
数値はすべてでますので確認をしていきます。

リアに関しては数値も基準値真ん中付近となりますので問題ないですね。

フロントのトーは変化は修正して数値はきれいになりました。

 

スタビライザーとスプリング交換のインプレッション

 

さて試乗です。

スタビライザー分の固さが出ている感じがありますね。
動きに関して反応がかなりシビアになった感じがします。
同時に交換をしているのでどの効果かはわかりずらいのはありますが違いはかなりありますね。

直進感などは良い状態だと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 スプリング交換17600円(税込) 同時にスタビライザーとリンク交換15400円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)