ロードスターの純正サスペンション交換です。

NA-RのサスペンションはビルシュタインのCリングタイプの車高調になりますので今回は一番下に調整して取り付けをしていきます。

 

サスペンション交換

最近またよくロードスターを行います。

手順はいつも通りに行っていきます。
事前に部品もあるので組付けをしようと思ったらダストカバーがフロント用が4つ入っていましたので急遽リアはばらして現状の車両のものを使います。
中古品はこういうことがあるので怖いですね。

リアも同じく一番Cリング溝を下げて取り付けを行いました。

交換してまずは1G締めです。

 

1G締め作業

さて締め直しを行っていきます。
この作業でロードスターは車高のダウン量も変わってくるくらい重要になりますのでしっかりおこないます。

 

車高の高さ

 

車高はフロント10mmリア15mmダウンでした。
前後のフェンダーとの隙間は同じになりました。

 

四輪アライメント調整

さて四輪アライメント調整です。

ライドハイドは純正の基準値内にありますので今回は純正数値で調整をしていきます。
ロードスターのデーターは車高により違いありますので今回は車高が規定内なのでとりあえず純正数値で行きます。

全箇所純正基準値中央へと調整ができました。

 

試乗です。

NA-Rのサスペンションはやはり結構なショックのかたさが出ている感じがありますね。
タイヤのぼよ付き感が結構感じられます。
乗り心地が好みに合うといいですね。
初期の揺れを減らしたいのであれば異形レートのダウンサスなどを選ばれるとよいかもしれませんね。

 

それではこの度はありがとうございました。
また、何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃: 車高調取り付け20100円(税込)四輪アライメント11,000円(税込)