NCECのRFにNR-Aの純正ビルシュタインの取り付けです。
Cリングは一番下に調整がされています。

NCEC

サスペンション交換作業

サスペンション交換

さて交換です。
NCECはフロントはダブルウイッシュボーンで現在のND系と同じ形状です。
ロアアームの形状は違いますが似ていますね。
さて現在も純正ビルシュタインの仕様ですがNR-Aとの違いはどの点なんでしょうね。
RFですと車高も気になるところですね。

リアサスペンション交換

リアも交換です。
ブッシュはすべて緩めて交換をおこないます。
ロードスターの中ではこの車両のリアのサスペンション交換が一番大変です。
1G締めもやりにくい箇所があります。

 

交換して1G締めです。

 

1G締め作業

1G締め

さて1G締め作業です。
ブッシュの状態ですが見た目では亀裂等はない感じです。
外した純正のサスペンションはバンプラバーが砕けていてダストカバーも破れていました。
そのことを思えばきれいな方ですね。
リアのロアアームボールジョイントのパンツに亀裂はありました。

さて締め直しをおこない四輪アライメント調整です。

車高の高さ

車高

車高のダウン量はリアの方が多めのダウンになりました。
RFでの車重の違いでしょうかね。試乗での違和感はありませんでした。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

四輪アライメントはリアのキャンバーをめいいっぱいおこしての調整になります。
リアのキャンバーを中心にする調整になりますね。
フロントのキャンバーもバランスを取りながら調整をおこないました。
純正サスペンションなので純正の数値に調整をまずおこなう予定でしたが変更です。
バランスを見ながらの調整をおこないます。

数値も問題なくバランスが取れている数値まで調整ができたと思います。

 

サスペンション交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

試乗です。
中古のサスペンションは取り付けをおこなってみるまで状況がわかりませんが気になる動きもありません。
しっかりした感じがありますね。
リアの加重が乗っている状態が少し気になりますが街乗りでは影響はなさそうな気もしますね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃

サスペンション交換作業16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)