走行距離10万キロほどのオーリスです。

KYBショックに交換とフロントのダストカバー類の交換です。

10万キロはおおよそのリフレッシュ距離としては良い感じですね。

ダストカバーなどはこれからの距離なども考えるとゴム類は最低限交換した方がよいですね。

ショック交換作業

さて今回はダストカバーが完全にちぎれています。
ゴムタイプのものは破れが出てきたら早めの交換がお勧めです。
この破れたカバーがショックに巻き込んでOIL漏れの原因になる場合もあります。

さて今回はご用意をいただいておりますのですべて交換していきます。
アッパーマウントはベアリングタイプですが今回は交換しないのでグリスアップで取り付けをしていきます。

リアはトーションビーム車になりますのでショックのみ交換していきます。

交換したら1G締めです。

 

この車両は比較的やりやすい車両になりますのでこの作業もスムーズに完了です。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

 

最後に四輪アライメント調整です。

車高の変化がなくともサスペンションを外せば数値に変化はできます。
数値を見てみると内減りが出る数値がでていますね。
これはサスペンションを交換したことによる変化もありますしもともとかもしれません。
走行距離や年式がある程度ご自身の気になるところまできたら確認してみるのもよいと思います。

調整箇所はフロントのトーとキャンバーの調整が可能です。

今回は数値を基準値内ですが少しだけ変更して調整をしました。

調整完了で試乗です。

 

KYBNEWSRショック取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

試乗です。

走りはショックの効いた感じへと変わりましたのでかなり変化がありますね。
スプリングは今回交換をしていないのでスプリングのへたり分はやはりショックが効いた感じにはなるでしょうね。
動きもよい感じですがKYBの場合は少し走ると乗り心地に変化がでてきますので変化が出た時にどう感じるかでしょうね。

直進性もよい感じで走りやすいです。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

 

参考取り付け工賃 KYBショック取り付け17600円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)