プリウスにブリッツ車高調の取り付けです。

車高の高さはフロントを全下げで調整してリアを合わせていく感じでの取り付けです。

 

車高調取り付け

さてまずはブリッツの車高調の場合は事前にトップナットなどを締めてけて行きます。
締まっていたり締まってなかったりバラバラなので点検からですね。

 

仮組をして取り付け開始です。

プリウスはもう数えきれないほどの作業をしましたので要領も完璧です。
まずはフロントの組付けを開始していきます。

ワイパー周りの脱着をして取り付けをしていきます。
減衰力も事前に合わせて取り付けです。

アンダーカバーのクリップが結構年式的に割れてしまうのが多いですがこのプリウスは全部問題なく外れました。

1Gのためにアンダーカバーは外します。

 

リアです。

リアはアジャスターがトーションビームに取り付けされます。その時説明書にも書いてありますがブリッツの鉄板が曲がりますが問題ないと書いてあります。40Nでの指定がありますので締めていきます。やはり曲がりますね。

車高はリアも全下げでちょうどよくなりますので全下げでセッティングです。

ブッシュを緩めて車高を見ます。

 

車高の高さ

 

車高は全下げ同時でフェンダーとタイヤのクリアランスが同じになります。
フロアはこれでフロント5mmダウンになります。
見た目的隙間はフロントの方が少しありますね。

 

 

1Gで締め付けを完了させて試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

さて四輪アライメント調整です。

 

ブリッツの車高調はキャンバー調整量が多いのである程度ご希望のところまでは調整できます。

今回はダウン量が多いので必要分のキャンバー量はつけていきます。
必要量ってどう見るのってなりますがこれは当店でサスペンションを交換した場合はある程度トーの数値の変化でわかります。変化量分だけキャンバーをつけるとトーは基本的に推奨に近くなります。
そうなるとタイロッドとロアアームの角度はある程度わかります。
これもストラットのガタで数値の変化がでますのでやはりサスペンション交換をおこなったものしかわからないかもしれませんね。
あとは経験がすべてですね。

数値を出してトーの数値も純正とは変更していきます。
車高調を楽しめる数値に変更をして四輪アライメント調整完了です。

 

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

少し硬さが感じられますね。
ショックのかたさとタイヤのかたさの違いが若干ある感じがしますので好みで減衰力を合わせればある程度良い乗り心地まではいきそうです。

走りに関しては今の減衰力でもよさそうな感じはしますね。

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

参考取り付け工賃 車高調取り付け20100円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)