N-ONEの車高調取り付けとリジカラの取り付けです。

車高はTEINさんの推奨幅の低い方+10mmダウンでセッティングをしていきます。

 

車高調取り付け作業

まずはフロントです。

フロントはさほど大変ではないですね。
Nシリーズはすべて同じなので手順はいつも通りです。

 

車高の調整を行っておきます。

同時にリジカラの装着も行っていきます。
こちらも仮付けで1Gで後でまとめて締めます。

 

 

さてリアです。

リアは内張りを外してショック交換をしていきます。
ショックは調整式ではないのでそのまま装着になります。
スプリングを取り付けするため上下の取り付け部分のゴムを加工していきます。
ノーマルにも戻すことはできますができれば専用部品が欲しいところですがお値段が上がってしまうのでしょうね。

さてリアもリジカラを取り付けして車高を決めます。

車高の高さ

フロアを変更に合わせるとやはり前上がりになってしまいます。
現状はフロア1cm前下がりのセッティングになります。

 

車高が決まって1Gでメンバーとブッシュを締め直しをします。
リジカラっの交換が色々と書いてありますが取り付け方によっても振動などは大きく変わってきますので一概にリジカラを付けたら振動が減るということはないと思います。
メンバー1G締めでも細かいことを言えば変わってくると思います。

 

さて締め直し完了で四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

JG1 四輪アライメント調整

さて四輪アライメント調整です。

数値はとんでもない数値です。

ホンダ車は四輪アライメント調整なしでは乗れないですね。

調整箇所はフロントノキャンバーとトーの調整をおこないます。

今回ホイールがワタナベのホイールチョイスされておりフロントの出ずらがかなり厳しいです。
TEINさんの車高調での最大のキャンバー量が1度ほどです。
それでもまだディスクがきつめですね。

トーの修正をして作業完了です。

 

TEIN車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

今回はタイヤがBSのアレンザです。固めのタイヤで減衰力はフロント少し固めですがもう少し固めてもまだ乗れそうです。
まだ取り付けしたばかりでショック内にも気泡があると思いますのでもう少し走らせたら減衰力をこのみに合わせるとよいと思います。

直進性は結構強い感じのお車でした。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け 15400円(税込) リジカラ同時取り付け13200円(税込) 四輪アライメント調整11000円(税込)