86への車高調の取り付けと四輪アライメント調整です。

そのほかリアのメンバーカラーやスタビリンクも交換していきます。

車高の高さは3cmダウンでセッティングをしていきます。

 

車高調取り付け

車高調取り付けです。

まずはフロントです。

フロントは車高調の取り付けとスタビリンクの交換です。

ブリッツはコンプリートですが仮締めに近いので締め直しを確認して取り付けを行っていきます。

 

 

さてリアです。

リアは手順を踏んで取り付けをしていきます。

まずはショックを外してブッシュを緩めてメンバーカラーを取り付けしていきます。

同時にSTIのメンバーボルトに交換していきます。

メンバーは仮付けして車高調を取り付けして車高の調整をしていきます。

減衰力ダイアルの穴あけ加工もブリッツは必要になります。

 

車高の調整

車高調整です。

フロントは推奨で3cm下がるようになっていますが1cmしか下がらないため2cmダウンです。

リアは25mmダウンなのであと5mm下げて30mmダウンのセッティング完了です。

車高が決まれば1G締めです。

 

1G締め作業です。

メンバーもこの時点で締め付けていきます。
メンバーカラーをつける際にスタビのブラケット延長の商品がついているため外してあるのでこの時点で取り付けをしてスタビリンクの長さを調整していきます。

スタビリンクも1G状態がしっかり確認できれば長さの調整もしやすいですね。

全箇所締め直しを完了させて試乗後四輪アライメント調整です。

 

 

四輪アライメント調整

最後の四輪アライメント調整です。

 

スポーツ走行のことも考えたいということでフロントのキャンバーはつけ気味でのセッティングです。

フロントのキャンバーはキングピン側は今回は変更せずキャンバーでの調整でおこないます。
ブリッツは調整幅がネガに多いので問題なくキャンバーのみで行けますね

トーの数値も変更して調整して四輪アライメント調整完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

メンバーカラーとスタビリンクの交換もありますのでリアの動きがどの程度変わってくるか気になるところですが動きに対してはリアはダイレクト感は感じやすい感じがしますがタイヤがコンフォートよりのためタイヤで逃げている感じは少ししますね。

ここからはこのみのセッティングがありますのでタイヤや減衰力の変更で合わせていくと現状では最適がみつかるかもしれませんね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け19800円(税込) リア内張り加工2200円(税込) 四輪アライメント調整11000円(税込) スタビリンクとカラーの取り付け7700円(税込)

 

 

続いてリアです。

 

 

リアはメンバーカラーとスタビリンクもありますので手順を考えて取り付けをしていきます。

スタビリンクは1Gの時に角度を確認して取り付けしますので後回しでまずは車高調を外してメンバーカラーを入れていきます。

すべて仮付けで行っていきます。

リアのスタビリンク以外を取り付けして車高を見ます。

車高の高さ

 

推奨は30mmダウンになっていますが指定寸法でもフロントは10mmほどのダウンしか下がりません。

 

リアは25mm下がりました。

フロントを20mmダウンさせてリアは5mmダウンで