86に現在TEINさんの車高調が装着されております。

EDFCの取り付けをご依頼いただいております。

この車高調はピロアッパー調整式になりますので回り止めの装着が必要になりますのでストラットを外しておこなっていきます。

同時に1G締めもご依頼をいただいておりますのでおこなっていきます。

サスペンション脱着と1G締め

まずはフロントのストラットの回り止めを取り付けしていきます。
フロントのストラットを外して間に回り止めを装着して戻していきます。
これをつけないと配線が巻き込んでしまいます。

フロントはピロアッパー調整用にボルトがほとんど締まっていません。
もう締め忘れレベルですね。

 

 

さてリアです。
リアは左の後ろから異音がするとのことです。
取り付けはディーラー様だそうですがまず異音もありますが気になるのはボルトナットの向きです。
ショック部分、ナックル部分、スタビリンクすべて反対からボルトナットが入っています。

86はC型ボルトがついたり変更があるということはボルトの向きにも意味があると思います。
まずこれは修理です。

さて異音で異音はあまり聞きなれない音です。鉄がすれる音というか何かが外れかけているという感じです。
下回りを見てすぐにわかりました。AFSのステーのナットが全く締まっていません。
原因判明です。

これでようやく1G締めができます。
ここまでやるとサスペンション交換をしている方が早い気はします。

 

締め直しをして作業完了です。

 

EDFC取り付けです。

EDFCは新品のため特別気になるところもありません。

EDFCPROは受信機に向きがありますので間違えずにおもない取り付け作業完了です。

 

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

フロントのキャンバーはなぜか前回に寝かせてあります。
ディーラー様にはまっすぐ走るから問題はないでしょう。と説明をされたそうです。
この回答ができるだけで改造車には向かない回答ですし意味の理解も出来ていないですね。
残念です。

さて調整をしていきます。
今回は街乗りから少し気持ちよくです。
車高調は動きも抑えられるので数値もある程度純正よりは変更をしていきます。
調整箇所は前後のトーとフロントのキャンバーになります。
数値もよい状態になり作業完了です。

さて試乗です。

いつものTEINさんの動きになりました。
こういうパーツはしっかりつけて初めて好みに合うかになってきます。
しっかりついていなくて乗り心地がどうのって言うのはメーカーにも失礼にあたりますよね。

つける以上は頑張ってほしいですね。

調整後は直進感も問題なく気持ちよい状態だと思います。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。