スカイラインにRS-Rのダウンサスの取り付けと四輪アライメント調整です。

ハイブリッドでない車両の取り付けは初めてかもしれません。

ダウンサス取り付け

さてフロントは簡単です。
ダブルウイッシュボーンなのでブラケットを外してロアアームを緩めれば簡単です。
スプリングの形状もよい感じなので取り付け組付け自体も問題なくできます。
RV37になるとショックはモンロー製で外車で言うDCC見たいな感じですね。
モンロー製は外車にも多いですね。
ヨーロッパ車って感じです。
車高の高さもノーマルでかなり低い車両です。

 

リアはシートなど室内を結構外さないとアッパーマウントのネジにはアクセスができません。
これが結構ネジ数が多いので大変なんです。
あとはブッシュを緩めれば簡単にはずれるのですがこのブッシュを締めているネジがどのアームもかなり硬いんです。
ボルトトルクはさほど高くないのに締めると緩みにくいんです。

外して交換して1G締めです。

 

1G締め作業

スカイライン1G締め

緩めるにもギーギーと言ってかなりハードです。
締めるのは入りにくい箇所は1か所だけなのでさほど大変ではありません。
全箇所ブッシュでピロはない車なのでこういった作業で乗り心地にも違いがでそうですね。

 

車高の高さ

V37 RS-Rダウンサス

車高はフロントは15mmリアは25mmのダウンです。

元々低いだけに結構低くなりました。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

V37四輪アライメント調整

調整箇所は前後のトーとフロントのキャンバーの調整になります。

フロントのキャンバーは若干多いです。

ハイブリッドよりは車重が軽いのでまだ減りは遅いと思いますがこの車両は純正がもともとランフラットタイヤなのでラジアルですとタイヤの負担は結構ある可能性はありますね。

リアは良い数値まで調整ができましたので問題なく安定感が出ると思います。

 

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

20インチ扁平になっていますので少しタイヤの硬さが勝っている感じが動きにあります。
ショックと言うよりスプリングの柔らかさがそう感じさせている可能性はありますね。
ひどく気になるわけではないので問題はないでしょう。

15mm程度でも見た目ってかなりの変化ですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)