HKSのHKS HIPERMAX IV GT 20 SPECの取り付けとフロントにオートエグゼのスタビライザーリンクを取り付けしていきます。

車高調取り付け作業

いつもの手順でおこなっていきます。


ロードスターも慣れれば簡単な車種なので交換はさほどお時間がかかりません。

 

1Gのためブッシュ部分もすべて仮付けです。
車高の高さはメーカー推奨でおこなってきます。
HKSさんはすべてセッティング済みになりますのでしっかりしています。

 

リアも同じく外して交換をしていきます。
ボールジョイント部分はそのまま緩めません。
ブッシュ部分のみを緩めるとサスペションはだらーんとしたに下がってきます。
あとは外して付け替えるだけです。
1G締め前提の作業です。

 

 

1G締め作業

最後にブッシュを締め付けしていきます。
ロードスターはボルトサイズがすべて同じですがHKSさんのショックに変えるとリアボルトは19サイズに変更になります。

締め終えて試乗後四輪アライメント調整です。

 

車高の高さ

ノーマル車高
HKS車高調仕様

 

車高の高さは結構低い感じの仕上がりですね。
見た目はかなりスポーツカーになりました。

 

四輪アライメント調整

さて四輪アライメント調整です。

走行はほぼ街乗りです。

街乗りでもローダウン分の角度を考えるとやはりノーマルより走りずらいのは問題があります。
必要分のキャンバーは残して多少タイヤを犠牲にしてでも走れる仕様の数値にしていきます。

調整箇所は一般的に言われている全箇所可能になりますのでしっかり調整ができます。

左右差もきれいになり数値もよい数値になったと思います。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

試乗です。

結構しなやかな感じでノーマルタイヤでも十分楽しめそうな動きです。
直進性もよい感じですし収まりもかなりよい感じで乗っていて楽しい感じですね。

街乗りもかなり良いと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 取り付け工賃18000円(税別)スタビリンク2000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)