以前にダウンサスの取り付けをおこなったアバルトスパイダー124です。

今回車検が終わり高さがギリギリだったことからノーマルへ一度戻されるそうです。

サスペンション交換作業

純正サスペンション交換

アバルト124スパイダーはロードスターND5RCとサスペンションは全く同じです。
ネジピッチもすべて同じなのでロードスターと同じ要領で作業は進められます。

エンジンパワーなんかは全然違いますね。

リアサスペンション交換

サスペンションもビルシュタイン純正装着ですがロードスターのものとは違います。
スプリングの識別マークの付け方はロードスターと同じ感じなのでサスペンション自体もマツダの仕上げでしょうね。

 

前後純正スプリングに交換して1G締めです。

1G締め作業

1G締め作業

もともと当社で交換をおこなっていますのでブッシュを緩めないとサスペンション自体を外すのにも苦労します。
ブッシュを緩めてから作業するを徹底すれば気になりません。
また正常な状態に締め直しをするのですから一番最適な方法ですね。

サスペンション交換完了で試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整ですがロードスターと同じで車高の高さにより純正数値が決まります。

今回はノーマルで車高が結構上がりましたので数値も純正数値に戻します。
前回のキャンバーのいちに1Gで緩めているもののおおよそのいちは同じです。
車高が上がったときの数値はカムのいちはそのままでも結構にている数値までになりました。
ということはアームの角度とキャンバーの角度はあっていた感じの仕上がりだったことがわかりました。
これもデータ集めですね。車高調や走りによって数値はかわりますが街乗りで純正のようにでしたらよい感じの仕上がりの角度がわかりました。

全箇所しっかりと調整をおこない作業完了です。

サスペンション交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

純正のスプリングの方が以前つけていたスプリングより初期反応はかなり良い感じに感じました。
スプリング巻形状の違いがわかりました。
ノーマルもまた楽しんで運転ができますね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

サスペンション交換作業16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)