CX-3にオートエグゼのダウンサスの取り付けです。

中古になりますがCX-3はあまり作業をおこなうことが少ないのでどれくらいのダウン量なんでしょう。

オートエクゼ CX-3

サスペンション交換

CX-3 フロントサスペンション交換

サスペンション交換自体はいつものマツダなのでなんの問題もありません。
スプリングを外して交換をしていきます。
バンプラバーの状況を見ると少しノーマルでも当たっている状態ですね。

この車両はあとからでもバンプラバーの処理ができますのでまずはそのまま組み込みます。

リアスプリング交換

リアはスプリング交換だけならさほど大変ではないです。
スプリング交換をしていきます。
部品交換して1G締めです。

CX-3はタイヤの脱着が必要になりますので外しておこないます。
同時にバンプとの隙間も見ます。

リアはハードカバーの中にありますので動かしてタッチしていないかの確認になります。
リアは完全タッチではないですね。フロントは完全タッチのため1山カットします。

ストローク確保をして1G締めをおこない取り付け作業完了です。

車高の高さ

ノーマルCX-3
オートエグゼCX-3

 

車高は程よく下がっていますね。
このくらいのダウンでバンプタッチになってきますので乗り心地が確保できるにはバンプラバー処理はかならず必要になりそうです。

 

四輪アライメント調整

最後に四輪アライメント調整です。

フロントのキャンバーはちょうど街乗りではよい感じの量でセッティングできました。

トーはやはりトーアウトに結構なっていますので修正して数値もきれいな状態になりました。

 

オートエグゼのスプリング取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

試乗です。

ストロークは少ないとはいえありますので違和感なく走行できます。
大きい段差や乗車定員が増えるとリアのストロークが気になってくる可能性があります。

その場合はエスペリアさんなどのショートバンプの設定があれば交換をおすすめします。

動きがあれば車両応答能力をしっかりでてきますので走りやすいですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)