ヴィヴィオにRGの車高調HSダンパーの取り付けです。

車高の高さはフェンダーの隙間指2本ほどでのセッティングでのご依頼です。

説明書も汎用で組付けはされていてもロックリングなどはロックされていない状態なのでメーカーの推奨も全くわかりません。リアなんて1.5cmもケース長が違うし・・・まずは現状の左右をそろえて組付けてみます。
プリロードはわからないので数ミリだけかけて取り付けします。これはへたりで縮んでも遊びがあまりでないようにするためだけのことです。

 

車高調取り付け作業

ヴィヴィオって軽自動車の中では大変な方の車両です。
結構やりにくいんですヨ。

まずは交換です。

フロントはピロアッパー調整式になっている車高調でブラケット部分の長穴の加工はありませんでした。

 

リアです。

リアもストラットモデルで小さいインプレッサGDB見たいな感じです。
スタビリンクのブッシュはかなり亀裂が入ってきていますね。

交換してまずはブッシュを緩めて車高の高さを見ていきます。

車高の高さ

ノーマル車高 ローダウン車高

車高の高さはもともと組付けしてあった位置よりフロントは1cmダウンリアは2cmダウンです。
もともと左右差があって組付けがされていた車高調なのでリアは低い方に合わせれば5mmダウンくらいですね。

高さがでましたので1G締め作業です。

 

1G締め作業

1G締め作業です。
特別やりにくい場所はありません。

ナックルとロアアーム部分も固着なく回りました。

締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

さて調整です。

取り付け時キャンバーの数値が変わる部分はひっぱった状態で締めていますので車高調の取り付け位置は左右差はないはずですがキャンバーは前後とも1度くらい左右差があります。
これはやはりそのほかの部分の経年劣化がありそうです。

まずがストラット部分でのガタの調整でリアの左右差は埋めることができました。

フロントはガタ自体も少ないので調整式のアッパーマウントでキングピン側の調整で左右差をとっていきます。
数値自体はきれいな数値になりましたがピロアッパーの位置は左右差がでました。

キャンバーの数値でトーの変化もかなりあるヴィヴィオなので今後の数値の変化も気になるところです。

 

調整完了で試乗です。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さてまずは硬さですが結構ハードです。減衰力8段戻しでも結構硬いです。
街乗りでは少し揺れも感じます。これがショックの硬さなのかスプリングの硬さなのかが正直硬すぎてわからなかったです。

そのほか気になる点はハンドルをニュートラルの位置に戻ってもまだまがった方向にハンドルが残ってしまう感じがあります。ステアリングギアボックスのブッシュあたりそろそろ交換時期かもしれません。

そのほかはリアのスタビリンクブッシュもヒビがひどいですね。

ご説明させていただき作業完了です。

 

車高調取り付け16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)