現在クスコさんの車高調を装着されていますが車高が好みまでいかないのでラルグスの車高調をご選択されました。

ラルグス車高調 CHR

車高だけでいったら確かに下がる車高調なので見た目重視でいくならOKですかね。

車高調取り付け作業

フロント車高調

減衰力は中間でリアの車高の高さにフロントを合わせるというセッティングです。

C-HRはワイパー回りの鉄板を加工しないとあとからの減衰力調整は不可になります。

今回は加工無しで中間セッティングです。

現在クスコさんの車高調にキャンバーボルトが装着されています。
今回のラルグスはもともと長穴使用になっていますのでできれば純正ボルトの方がよかったかもしれませんね。
まずはラルグスの車高調をセッティング無しで取り付けしていきます。

リア車高調

 

リアはマルチリンクです。
アームを外してショックを交換してスプリングを交換しブッシュをすべて緩めて車高の高さを見ます。

 

さて初期のセッティングはリアは指が入らないくらい下がってフロントは指3本くらいの隙間になります。
ショックのストロークはほぼバンプタッチです。
そのままで取り付けをすると相当乗り心地も悪そうです。
なぜこんなになるかですがリアはブッシュが効いていないので車高が下がってしまうのでしょう。
メーカー自体のセッティングは1G無しの状態でセッティングをとっている可能性がありますね。

さて車高をご希望に変更して1G締めとストローク変更をしていきます。

1G締め作業

1G締め

リアはブッシュ構成でロアアームの外側だけはピロボールになっています。
プリウスと違う点はこの部分だけこれで走るSUVと言うんです。

締め直しを完了させて試乗後四輪アライメント調整です。

車高の高さ

クスコ全下げ車高調
ラルグス車高

 

 

かなり低めです。
フロントはライナーカバーに大きいバンプで少し干渉がありますね。

 

四輪アライメント調整

C-HR 四輪アライメント

四輪アライメント調整は前後のトーとフロントのキャンバーの調整です。

フロントのキャンバーはキャンバーボルト分かなりの動きがあります。
今回は1度にセッティングをして前後のトーの数値も変更して四輪アライメント調整完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

街乗りでしたら車高調と言う感じはほぼしませんね。
リアはスプリングがたる型なので動きも純正のように動きます。
フロントは単調な感じもありますが街乗りならきになりません。

ラルグスはスプリングのへたりから車高が下がってくる可能性がありますので車高の高さは要注意です。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け作業18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)