アルテッツァにブリッツの車高調ZZ-Rダンパーの取り付けです。

ZZRダンパー

推奨での組み込みでのセッティングです。

まずは車高調の長さを図り説明書と違うので直して締め直しを行います。
ブリッツはトルクで締まっていない仮組状態なので取り付け時は締め直し調整が必要です。

 

車高調取り付け作業

フロント車高調

アルテッツァはフロントはダブルウイッシュボーンになります。クラウンやアリストも同じタイプのサスペンションですね。
ロアアームのNO2は少しヒビが来てますね。
純正のサスペンションからの交換になります。ブリッツの車高調に交換してすべて仮締めの状態にします。

アッパーアームなども緩めて1G締めの準備をしておきリアの取り付けです。

リア車高調

リアもブッシュとの固着がないか心配でしたがどのブッシュもすべて動きました。
年式の割にサビも少ない車両でした。
リアのショックはオイルもれ有りなのでだいぶ動きも変わりますね。

 

交換して高さを確認して1G締め作業です。

1G締め作業

1G締め

この作業で動きもだいぶ変わります。
ブッシュを正常な状態にしないとこの年式のブッシュだとすぐに切れてしまいます。しっかり保護も兼ねておこなう必要がありますね。
締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

車高の変化

推奨での取り付けですが下がり具合はちょうど良い感じです。
前後40mmほどのダウンでした。

四輪アライメント調整

アルッテッア 四輪アライメント調整

四輪アライメントは今後サーキット走行もしていくそうなので今回はある程度キャンバーをつけての調整です。
街乗りとの兼ね合いではタイヤはやはり内減り方向になってくると思いますが車高調の走りに対しては必要になってきます。
目的がある場合なので犠牲になる部分もでてきますね。

調整可能箇所はアルテッツァは前後のトーとキャンバーの調整ができますのでおおよそのセッティングはノーマルアームでも可能です。
全箇所調整して作業完了です。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

街乗り用の車高調に近い感じなので通常走行でも快適です。
ロール感は少し多い感じがありますのでスタビなどの交換が結構効果がでそうですね。

四輪アライメント調整の数値は車両がわかりやすい数値でのセッティングにしていますのでこの数値をベースに今後の仕様変更を行っていくと良いと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)