86にブリッツの車高調の取り付けとタイヤホールの組付けに四輪アライメント調整の作業です。

ブリッツ車高調 86

車高調取り付け作業

86 車高調

まずは車高調の取り付けです。

今回はDSCは取り付けしませんが時期を見ての取り付けのため車高調には回り止めの部品だけ事前に取り付けをしおきます。

このカラーのサイズはもともとのZRRダンパーのものとサイズが異なるのでプリロードに違いがでてしまうのでその分を感がえて変更していきます。

車高の高さは最低地上高9cm確保です。

 

タイヤのサイズの変更で地上高にも余裕がでますのでその分ダウン量も増えます。

 

リア車高調

リアも交換していきます。

リアは特別注意することもなく取り付け完了です。
ブッシュを緩めた状態で車高を合わせて車高が決まって初めて1G締め作業です。

 

1G締め作業

 

1G締め 86

この作業でサスペンション交換作業完了になります。
タイヤホイールを取り付けして作業完了です。

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

86四輪アライメント調整

ブリッツはアッパーマウント位置を変更しない状態でロアブラケット全開でおこしておおよそ-1度30分ほどになります。

思ったよりついてしまうんです。
今回は街乗りメインなのでそこまでのキャンバーも必要がないとおもいますのでキングピン側で調整をしていき数値変更をしてキャンバーを調整します。
街乗りメインの場合は基本的にタイヤの寿命も考慮して調整をするので走りやすい方がいいのにって部分もタイヤのことと平均化して調整をしていきます。

 

調整完了で試乗です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

試乗です。

走りはいつものブリッツッていう感じですね。
サーキットまでは厳しそうだけど純正よりはローダウンしても乗れるって感じです。
見た目をメインにって方はよい感じだと思います。

安定感も問題ないセッティングだと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別) タイヤ交換別途工賃 四輪アライメント調整10000円(税別)