リーフにブリッツのZZ-Rダンパー車高調の取り付けです。

車高調の説明書にはこのZF1へのマッチングはなく形状は同じと言うことで送られてきているんでしょうね。

確かに同じなので取り付けはできると思いますがメーカーの狙い所は全くわからずですね。

車高調取り付け作業

リーフはワイパー周りは少しばらす必要がありますのでばらしてアッパーの取り付け部分にアクセスします。
ボルト使用からナット使用になりますのでブリッツのナットで締め付けをします。
純正とはベアリングの感じも全く違いますので動きも変わってきそうです。

リアはトーションビーム形状です。
トーションビームの根本のボルトはかなりのトルクでしまっています。
車高はフロントは全下げでセッティングになりリアはフロントに合わせての調整になりました。

それでもさほど低くはなりません。最低地上高もしっかりあります。

1Gでの締め付けを終えて試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

ブリッツはフロントのストラットボルトが長穴なのでキャンバーも容易に調整可能です。
しっかりキャンバーも調整しトーを合わせて四輪アライメント調整完了です。
ブリッツの車高調はスプリングの縮みが早いため少しマージンをとった調整はおこなっております。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

最近の車高調は初めて車高調をつけられる方でもハードルが低い感じの使用が多いです。
動きがあって街乗りでも車高調感があまりでない物が多いです。
今回のブリッツの車高調もリアは異型形状のスプリングとショックなので乗り味は純正に近い感じにも感じます。
そこまで気になる感じは少ないですは大きい段差は流石に揺れは大きいです。

ストロークも人を乗せる事を想定して多めにとってあります。

それではこの度は滋賀県よりご来店ありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃

車高調取り付け18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)