WRXにTEINさんのFLEX Aの取り付けです。

FLEXA

中古の車高調になりすべてのリング部分が回してありますので1からセッティングし直しです。
今回は推奨でのセッティングのご依頼なのでまずは推奨セッティングに調整していきます。
事前に合わせれば組付けも楽になります。

車高調取り付け作業

フロント車高調

フロントの車高調の取り付けです。
FLEX Aはあまり組付けをすることが少ないダンパーです。TEINさんの技術のハイドロバンプシステムですね。
ラリー車に最近よく使われている方式なのでWRXなどにはどうでしょうね。
組付けは慣れていますので特別気になる場所もなく装着完了です。

リア車高調

リアも同じくマルチリンクでBRZなどと同じサスペンション方法なのでこちらも交換は早いです。
メンバーカラーなども装着されていますのでまた違った動きになりそうです。

 

取り付け後1G締め作業でサスペンション交換完了です。

1G締め作業

1G締め

ブッシュはしっかり全箇所緩めてスタビリンクを外して締め直しを行います。
効率を考えると今のところはこの方法が最適ですね。
全箇所しっかり終えて

ライドハイドを測定です。
TEINさんのライドハイドと同じくらいの寸法になりました。

車高の高さ

 

推奨が思っていたより低い仕上がりでしたがローフォルムになってスポーツカーらしさがでました。

試乗後四輪アライメントです。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

四輪アライメント調整は車高調でも走りやすい数値でのセッティングです。

車高の低さとリアのキャンバーの量からある程度の数値をだして対応していきます。
数値は走り方、好みによってかわってきますのでまずはおおよその車高調での基準値見たいなもので調整していきます。

今回もキングピンはいじらずにロアブラケットでキャンバーのみの調整をしていきます。

よさそうな数値に収まりました。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

FLEX Aで減衰力MAXでの調整でのご依頼でしたので現在一番固い状態にセッティングがしてあります。
試乗での感じは減衰力が強すぎてショックのハネがかなりもっとバネが固かったら楽しそうって感じました。
FLEX Zではこうはいつもなりませんので違いがかなりありますね。

小さい揺れはあっても大きい段差でのショックの動きはかなり良いのがFLEX Aです。
違和感ありません。

四輪アライメント調整の数値も現状のサスペンションの動きでは少しキャンバーが足りない状態にはなりますが減衰を合うくらいに調整されればちょうどよいとは思います。

静岡よりご来店されていまして帰りに調整しながら帰るそうです。
一番楽しい帰りですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

車高調取り付け作業18000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)