以前より車高を何度かご変更をしているロードスターです。

リアの車高をディーラー様で変更後乗り心地が激変してしまったそうです。

プリロードを動かしての調整をしてしまっているそうでもう一度組み直しです。

車高調はオートエグゼになります。説明書にもこの車高調は取り外しをしないと調整できないって書いてありますね。
当店も少し特殊なやり方では調整しますが今回はバラして寸法合わせから初めていきます。

寸法と車高がでてから1G締めと四輪アライメントです。

さて車高調はオートエグゼです。 動きの問題で今回は前荷重からリア荷重よりのセッティングに変更をします。
そうするとリアの落ち着きが結構でてきます。
荷重の問題はタイヤの摩耗などどの車両にもありますがロードスターのような荷重配分がしっかり分かれている車はこの違いで車高の違いや挙動に大きく変わってきます。
今回は良い勉強ができたと思いました。
ロードスターのイメージは基本的にノーズダイブがでない動きのセッティング車両だとアームや配分ではわかります。ですが車高調はオートエグゼなので動きが純正とはことなります。
面白い結果となった気がしました。

 

四輪アライメント

四輪アライメントの数値もそれに伴い変更をしていきます。

車両の動きもだいぶ理解もできましたので変更で良い方向に行くとはおもいます。

基本は基本に忠実ではありますがキャスターとキャンバートーも数値を変更していきます

 

試乗です。

かなり動きが良い感じだと思いました。
これは乗り手により感じ方も違いますのでなんとも言えませんが現在の車高の配分であれば良さを数値が発揮できている感じはありました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。