ランエボ9ワゴンのタイヤ交換と四輪アライメントです。

車高調仕様のお車ですね。

 

持ち込みタイヤ交換

さてタイヤはBSのPOTENZA RE-71RSですね。
結構固めのタイヤなので組付けも結構苦労はありそうですが装着は問題無くできました。

ホイールに腐食がありビート当たり面にざらつきが若干あります。
削ってはいますが気になるところでした。

レイズのホイールにPOTENZA RE-71RSなのでバランスもかなり良い感じでした。

 

四輪アライメント

 

さてタイヤ交換後に四輪アライメントです。

まずは数値を見てタイヤに優しい数値にしていきます。

数値は結構ネガのセッティングになっていますのでキャンバーは起こして調整をしたいのですが・・・

フロントのピロアッパー左のネジは緩めるのにかなり固く折れそうな感じがありますで諦めます。
右側の調整とロアブラケット部分の調整でできるだけピロアッパーの左右差をなくしてキングピンをあわせてキャンバーを調整していきます。
もともとはだいぶズレがありましたが良い感じまでにはなりました。

リアも左キャンバーのアームが動きません。
おもいっきり行けば回る可能性もありますが代替え品もありませんのでこの数値を基準にします。
一度調整がされていますのでそこまでの数値でありませんので左右差をあわせて調整すれば良い感じにはなりました。

 

試乗です。

違和感はありませんね。タイヤが新しくなった分は柔らかさはでていますがブリッツの車高調装着車にしてはタイヤの硬さは出ている感じはありますね。
それにしてもブリジストンはタイヤの主張が強いですね。
直進性も良い感じだと思いました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会がございましたらご利用お待ち致しております。