アルファードにRS-Rのハーフダウンの取り付けです。

ダウン量の少ないRS-Rのモデルになります。Ti2000のモデルです。

 

RS-Rハーフダウン取り付け

さて新車への取付なので問題もありません。
ナットも腐食もありませんので手順どおりで交換していきます。

フロントは異音対策もして取り付けをしていきます。

 

リアも交換していきます。
リアはスプリング交換より1G締めの方に時間がかかりますのでまずは交換して1G締めをおこなっていきます。

1G締め作業

フロントのロアアームにリアのアームブッシュ部分を締め直していきます。
この作業で取り付け作業完了となります。

車高の高さ

車高はフロント15mmリア30mmダウンです。
フロアは平行ですが推奨値よりは若干車高が低いですね。

 

四輪アライメント

最後に四輪アライメント調整です。

フロントのキャンバーは基準値内で左右差を合わせて良い数値になりました。

リアのキャンバーはやはり少し多いので内減りは出てくる可能性はありますね。
トーの数値を変更して調整します。
あまり内減りが多い場合はエディーファクトリーさんのアッパーアームがオススメですね。

さて調整完了で試乗です。

 

RS-Rがハーフダウン取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

通常のダウンよりはマイルドに感じますね。
ワゴン用途として使うのであれば問題はありませんが高速道路の走行が多いとおききしました。

ロール感がきになるのであればショック交換もオススメです。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け17600円(税込) 四輪アライメント11000円(税込)